« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の5件の投稿

2007/06/23

【映画】DEATH NOTE/DEATH NOTE the Last name

やっぱり藤原竜也は顔が大き……ゴホゴホっ。
戸田恵梨香と片瀬那奈の太ももが…ゲホゲホゲホゲホっ。

ブックオフにポツンとおいてあった『DEATH NOTE/DEATH NOTE the Last name complete set』。
いい加減ほとぼりも冷めたので購入してみた。

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete setDEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
藤原竜也 大場つぐみ 小畑健


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大まかな展開は原作に乗っ取り、ラストは独自の描き方をした映画版。
最後、月(ライト)=キラだということがL(エル)によって暴かれ、非業の最期を遂げる月。あのシーンの藤原竜也は何度みても魅入られてしまう。
舞台仕込みの演技力と存在感に圧倒された…が、彼以外が演じていればどうなっただろう、と思わないでもない。
誰しも漫画なり小説なり読んでいる時、もし実写だったらこの俳優さん…と脳内キャスティングをしたことがあるのではないだろうか。
私の中では、夜神月=松本潤だったりする。
藤原竜也の演技力は否定できないが、気のせいか…若干…幾分…いや少々……顔が大きく感じたりする。
なんとなく夜神月は「長身・細めの体躯」というイメージがあるため、(演技云々は別にして)ビジュアル的にはスマートな体躯である松本潤が似合っていると思うのだが…。
ないとは思うが、もし連ドラ版「DEATH NOTE」などやるのであれば、彼(松本潤)が演じる月をみてみたい。

全編通して印象に残ったのが、セクシーボイスアンドロボがいまいちなL役松山ケンイチの好演。
中でも最後にLが夜神局長に笑顔を向けるシーン。
あのシーンだけで、美味しいところを全部持っていってしまったよなぁと感じる。
Lを主役にしたスピンオフにした映画を改めて撮るようだけど、コケなきゃいいなぁ…。

改めてみ見ると、ミサミサ戸田恵梨香は、無理して高い声を出しているような??
他のドラマなんか見ると、結構地声低いよなと思ったり。

そう言えば特典。
なにあれ?見難いよ…。

…自分で書いていてふと思ったが、日テレならやりそうな気がする→連ドラ「DEATH NOTE」

※後半になるに従って、文体が崩れたのはご愛敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

【Mac】浮気

Macの世界は「Intel Mac」一色になってしまったが、私は「PowerBookG4 Ti 867MHz」と「Al 1.67GHz」を使い続けている。
自宅据え置き用として「Ti 867MHz」を、自宅兼職場用+出張時の持ち歩き用として「Al 1.67GHz」といった具合だ。
新しい「MacBook(及びPro)」に目移りしないといえば嘘になるが、私には現状のスペックで過不足ない(時期OS「Leopard」がリリースされればまた話は別だが…)。

ただ正直に言えば、毎日持ち歩くものとしては決して軽くはない。
重量2キロを切るモバイルノート、Core2Duo搭載で動作も軽快、長時間のバッテリー駆動が可能……といった謳い文句のVista搭載モデルがちょっと羨ましく思える。

古くからMacを使っている方の中には、自分が使用しているMacに、さも人格があるかのように考えてしまう方が多いのではないだろうか。
やれ「新しいMacを購入する計画を立てると、爆弾が出るようになった」とか、「Windowsに浮気すると、サドマックとアルペジオの洗礼を受けた」等々…。

かくいう私もVistaに目移りしたのが「Al 1.67GHz」の気に障ったのか、スリープから目覚めてくれなくなった。
以前からスリープから復帰の際、ポインタは画面に現れるが、パスワード入力画面が出てこない、という症状はあったが、今回は画面はブラックアウトしたまま、だけれどもハードディスクの回転音は聞こえる、という状況。
いろいろ調べると、よくみられる現象らしい。
取り敢えず一安心。

先日新しい「MacBook Pro」が発表された…が、いまいち食指が動かない。
おいそれと手が出せる価格でないというのも理由の一つだが、正直このデザインに飽きてきたというのもある。
ここは「Leopard」リリース後に発表されるであろう、ウルトラ・ポータブルなMacBookを夢見て、もう少しリプレイスするのを待ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

【出来事】出張旅費

久々の書き込みが愚痴というのも情けない話だが、なんか書きたくなったので。

このところ出張が重なっている。
あらためて見ると、月の半分は社にいないことになる。
これでいいのだろうか?と思わないでもないが、…まぁそれはおいといて。

先日、出張旅費の仮払い申請を経理部に提出した。
その時の出来事。
経理の方から、
「○×さん(←私)、ちょっと出張多くありません?それにここ、日帰りできますよね?」
と言われた。

経理さん。
確かにこの頃出張は多いですよ。
でもね、物見遊山に行くわけじゃないし、好き好んで出張に行くわけじゃないんですよ、私。
それにね、今回の出張。
頑張れば確かに日帰りできなくはないけれど、せめて体を休ませてくださいよ。
毎回安いところに泊まってるんだしさぁ…。

…なんて、面と向かって言えればいいんだけど。
とりあえず、交通費のみをもらった。
どうしても宿泊の場合は、後ほど精算ということにして…。
フゥ…しんどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

【映画】眉山

先日『眉山』を見に行った。
犬堂一心ファン…というわけでもないが、こうして考えると、『黄泉がえり』『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』と犬堂氏関連の作品は見ていることになる。
『眉山』も見るつもりはなかったが、なんとなく見てしまった。

物語は大きな展開はまずなく、文字通り「淡々」と進んでいく。
それでも飽きるわけでもなく、気がつくと終わっていたという感じ。
強く印象に残ったのは、凛とした着物姿の神田のお龍=宮本信子さんの演技と圧巻だった阿波踊りのシーン。

主演大沢たかお・松嶋菜々子になっているが「宮本信子主演」と言い換えても良いのではと思ったりする。
娘の前での気丈な姿と、1人になった時の寂しげな姿。
緩急をつけた演技には魅せられた。
私的には特に、『もうサイズが合わないから…』と娘(松嶋菜々子)へ指輪を渡すシーンはウルッときた(館内からもグスグス鼻をすする音が聞こえてきましたし)。

あとは「阿波踊り」。
どちらかというと「静かなお祭り」という印象を持っていたが、全く間違った認識だった。
あんなにダイナミックなものだったとは思いも寄らなかった、というのが正直なところ。
しかもあのシーンは、映画のためだけに1500名余の踊り手が集まったというから、更に驚きだ。
機会があれば一度生でみてみたい。

そう言えば、テーマ曲はレミオロメンだったのね。
悪くはない。
悪くはないが、どうせなら「さだまさし」さんの曲で締めてほしかったかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/01

【種々雑多】聞くともなしに

去る5月27日、ピジョンズミルクのライブが「HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3」であった。
当日、丁度宇都宮に出向いていたため、さいたま新都心まで聴きに行った(レポはコチラ)。
そこでのちょっとしたこと。

ライブ後の楽しみと言えば、歌い手とコミュニケーションをとれること。
ステージ上に立っている憧れの歌い手と話が出来ることは、ファンにしてみれば何よりも嬉しいことだろう。

その日もステージ切替の合間に、歌い手さんとファンの方達が楽しげに話をしていた。
その時、聞くともなしに『俺ぐらいのレベルになればさぁ〜』という言葉が耳に入ってきた。

彼によれば、自分は歌を聴きにきているのであって、(どの歌い手さんか分からないが)既に歌い手自身と顔なじみである自分にとって、歌い手と話をしている連中が全く理解できない、とのことだった

まぁ私もどちらかというと、歌い手との親交を深めるというより、歌をじっくり聴くのが主たる目的だったりするので、その点は同意する。
でも、そう語っていた彼も『顔なじみ仲』になるまでは、周りからみれば『理解できない連中』だったのでは…思うのだが。

この日、ライブ自体は楽しむことはできたが、なにか釈然としないものが心に残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »