« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の13件の投稿

2007/02/28

【今日の音楽】雨の優しさを

今日はしっとりとした雰囲気に浸っている。

『雨の優しさを』は、Birdの1stアルバム収録曲。

birdbird
bird 大沢伸一 SUIKEN


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

彼女の歌を聴くようになったのは、テレビで流れていた『マインドトラベル』のPVを視たのがきっかけだったと思う。
丁度あの頃、宇多田ヒカルやMISIAら数多くの「女性R&Bシンガー」と類される歌い手が、世に輩出されていた。
Birdもその「数多く」の1人かと思っていたが、あのハリのある歌声にグッと引き寄せられてしまった。

デビュー時の印象から、『空の瞳』のようなアップテンポなダンスチューンの歌い手という印象が強いが、むしろ『雨の優しさを』のようなミディアムテンポな曲がより栄えるように感じる。

出産を経てから雰囲気が変わったようにも感じるが、これからも楽しみな歌い手である。

※Wikiみて初めて知った。Birdって同い年だったのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/27

【今日の音楽】SHAPE OF MY HEART

なぜか「SHAPE OF MY HEART」を聞きたい気分…というか今実際に聞いてるのだが。
言わずと知れた「レオン(1994)」の主題歌。
スティングの哀愁を誘う歌声は、日頃のストレスを和らげてくれる…ような気がする。

マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズマイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ
スティング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

彼の歌は映画の主題歌等に使われること多く、比較的耳にする機会がある。
以前はスティング自体あまり好きではなかったが(ポリスは好きなのだが)、このごろ彼の歌声が心地よく感じられるようになってきた。

先日グラミー賞授賞式のライブにおいて、ポリス再結成とワールドツアーが発表された。
どうやら日本でもコンサートを行うらしいとのこと。
一度生で聞いてみたいものだ。
「チケットが取ることができたなら」という仮定ではあるが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/26

【出来事】取りあえず生きてます

更新を一週間休ませていただいた。
取りあえず生きている。
この一週間、公私共に身の回りがバタバタと慌ただしく、気力・体力共に底をついてしまった。
今はようやく一息ついているところだ。
基本的に「忙しいことは良いことだ」と考えるようにしているが、こういう忙しさは遠慮したい。

来週末のイベントを超えれば、少しは楽になると思いたい。
まぁ直ぐに、次年度の準備に取りかからなければならないのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/20

【ガジェット】QuietComfort3

今年に入ってQuietComfort3を購入した。
この手(ノイズキャンセリングヘッドホン)の物を色々試してみたが、結局QuietComfort3に落ち着いた(47,500円という価格は財布には厳しいが…)。

公私共々、移動の手段として飛行機をよく利用する。
何度利用しても慣れないのが、あの「ゴォー」という独特な音。
どうにも苦手である。
以前から他社……SONYのNCヘッドホンを使用していたが、正直なところ思っていたほど効果を感じられなかった。
ところがQuietComfort3では、見事に気にならなくなるほど軽減された。
軽減されるのは騒音のみで、CAとの会話もヘッドホンをしたままで十分可能であったので大変助かる(赤ん坊の泣き声もそのまま聞こえるのはご愛敬)。

音に定評あるBOSE製ということもあり、飛行機での移動の際以外にもいろいろ重宝している。
よりその効果の恩恵を受けたのが、先日15〜16日にかけて吹き荒れた嵐の時であった。
ものは試しとQuietComfort3を使ってみると、強風が窓を叩く音や家がきしむ音が面白いほど「消えた」。

バッテリが切れると全くヘッドホンとして使用できなくなる点が難ではあるが、これからもいろいろ使用することが多そうだ。

070220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/19

【出来事】早めの換毛期

これも暖冬の影響か?
例年であれば我が家の猫は、5月ぐらいに換毛期をむかえるはずだ。
しかし今年は暖冬の影響なのか、すでに冬毛が抜け始めている。
冬毛たっぷり、モコモコだった身体が、心持ちすっきりしてきた。
本人(猫)はいたって呑気に、「飯くれ〜!」と尻尾をピンと立て、足にすり寄ってくるのだが、その後ズボンの裾には抜けた毛がたっぷりと…。
ブラッシングせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/17

【ガジェット】大人の常識力トレーニングDS

「いまさら聞けない 大人の常識力トレーニングDS」を遊ぶようになり、自分に「常識力」がなかったことに気付かされた。

監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元は「Pigeon's Milk」のボーカル「工藤もも」がエンディング(テーマ曲?)を担当している…ただそれだけに興味を持ち購入したわけだが、それが今では自らの常識力を向上させるべく、毎日トレーニングに励んでいる。

始める前はそこそこ自信があったが、なんら根拠のない自信であったことを思い知らされた。

中でも自分のバカさ加減に呆れたのが「地理」。
「大分県はどこにある?」とか「オーストリアはどこにある?」のような問題が出題される際、地図が表示され、該当する県(国)を選択するのだが、意外に分からない。
自分の住んでいる近辺の地理はまだしも、中四国・九州ともなるとあやふやだ。

加えて敬語(尊敬語、謙譲語、丁寧語)の問題も正答がどれか不確かだ。
「店員とお客様のやりとり」や「上司と部下の会話」といった形式で出題されるが、これもよく間違える。
今まで自分が当たり前に使ってきた言葉遣いが、実は間違いであったことに気付かされる…ということもままある。

「常識」は社会の潤滑油の役割を果たし、人間が社会で生きるための最低限の必要条件と言えましょう。これを欠いては、どこかで、誰かに、何らかの点で迷惑をかけたり、不快感を抱かせたりして、結局、当人の評判を落とす羽目になるのです。逆に、常識を豊かに持つことは、仕事関係や社会関係を快適・円滑に進展させ、周囲から信頼を得て存在感と満足感を高め、安心して付き合える関係を築くことにつながります。

とは、日本常識力検定協会代表理事(立教大学名誉教授・文学博士)水口禮治氏の言葉。
今までも知らず知らずのうちにに周りに迷惑をかけていたのだろうな、と反省させられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/16

【出来事】風の音

15日から今日にかけて吹き荒れた風も、ようやく落ち着いたようだ。

今から15〜16年前に青森を直撃した、俗に「リンゴ台風」と呼ばれる台風19号の風を体験して以来、「風の音」がちょっとしたトラウマだ。
強風が窓を叩き、屋根のトタンはめくれ、柱のきしむ音が響く。
あれほど怖かったことがない。
天気予報を見ては、暴風警報が出るたびにビクビクしている。
我ながら情けないと思うが、怖いのだから仕方がない。
今回は杞憂に終わってほっとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/15

【出来事】鬱陶しい

ウチの職場も、ようやく習熟度の差はあれ、老若男女問わずパソコンを操作できるようになった。
以前は机の上に「パソコンを飾っている」かソリティアで遊んでいるだけ…という方がいたが、今では「それなりに」使用しているようだ。

ただ急ぎの資料作成になると、操作が覚束ないのかお鉢が回ってくることがある。
これも業務のうちだ、いくらでもやってやろう。
ただ一つ、辞めてほしいことがある。

私が資料を打ち込んでいる後ろで、

「おぉそうか…」

「そこをクリックすればどうなるんだ?」

「ちょっと待て、いまどこ押した?」

等々、何か操作するたびに呟いてくれる方がいるのだ。
人の後ろでその都度呟かれると鬱陶しいことこの上ない。

向学心に燃えているのか、はたまた邪魔しようとしているのか…。
お願いですからご自分の席でお待ち下さい、○○さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

【出来事】バレンタイン

本日はバレンタイン。
世の女性は忙しかったことだろうと思う。
今更「お菓子業界が仕組んだ陰謀」と言うつもりはないが、バレンタインにチョコレートを渡すことが、あたかも「義務」のようになっているこの風潮は正直いかがと思うのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/13

【ライブ】LLP10add.からふと思う

私の知人に、年齢がちょうど一回り上…40代の方がいる。
彼には公私共々世話になっており、たびたび彼の自宅を訪ねることがある。
やんちゃな5歳の娘さんと落ち着いた奥さんのいる温かい家庭で、自分もこんな家族をもちたいものだ、と訪ねるたびに思う。
…思うのだが、ただ一つ見習いたくない点が一つあった。
彼は熱狂的な松○亜○のファンであるのだ。
娘さんをあぐらの中に座らせ、娘さんと共に○浦○弥のDVDをノリノリで見ている。
はじめ、40過ぎのオヤジがアイドルに熱狂している姿を見て、正直ひいた。
娘さんの影響かと思いきや、「旦那の影響で娘がファンになった」と奥さん談。
職場においても、彼女のファンであることを公言しているらしい。

閑話休題。

1月30日、横浜アリーナでaikoのライブがあった。
運良く休暇を取ることができ(あとでとばっちりを受けたが)、ライブを堪能してきた。
横浜アリーナは今までにない大きな会場。
開演前は一抹の不安を感じていたが、そんな心配は無用だった。
センター席中央を区切る形でアリーナ席最前列まで伸びた、aiko曰く滑走路のような花道を、文字通り縦横無尽に駆け回る。
片足を上げ、飛びはね、身長152cmという小ささを感じさせないパワフルな動きと歌唱で、私たち観客を魅了してくれた。
この最終公演では、メドレーを含めて30曲以上も歌ったらしい。
それほど歌われていたとは露ほども感じていなかった。
どうりで終演が22時過ぎだったわけだ…と思ったのは後日のことである。

さて、彼女のライブは歌よりも「MCや観客とのやりとりが長い」と言われる。
その「観客とのやりとり」の中で恒例になっているのが、「男子!女子!そうでない人!(苦笑)…」といった「声だし」。
aikoの呼びかけに対し、対象の者が(場合によってはそうでない者も)声を上げ、腕を振り上げる…といったやりとりだ。
この「声だし」。
様々なバリエーションがあるが、お約束になっているのが「10代!20代!」といった年代別のもの。
この日も例によって年代別の声だしがあった。
10代、20代と順当に声だしが行われていく。
やはり10〜20代が多かったが、30代も負けていない(心なしか30代の呼びかけの際、aikoも若干力が入っていたような気がしたのはご愛敬だろう)。
次いで40代へと続き、最後にさすがにいないだろう…という雰囲気でaikoが「50代!!」と呼びかけると、「オッー!」という声があがった。
驚くなかれ、50代の観客がいたのである。
私の座席から見ることはできなかったが、aikoからはその姿を捉えることができたようだ。
その50代の観客の方に、aikoの「来てくれてありがとう」という言葉と共に他の観客から拍手が贈られた。
公演が終わり2週間が経つが、いまだこの堂々と声を出した50代の方が印象に残っている。

堂々と50代であると宣言した観客。
松○亜○のファンであることをあけすけに言う40代の知人。
世間体や周りの目というものを意識しがちな私からすると、堂々とファンであると言える二人を羨ましく思える。
聞かれてもいないのにaikoのファンであることを公言しようとは思わないが、話の流れで言ってみても良いかなと、ふと思う。

次のLLPはいつになるかわからないが、aikoの「30代!!」の呼びかけに躊躇することなく堂々と声を上げてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/09

【Mac】ワンセグチューナー

2月下旬発売のIMJ『ON TIME TV for Mac』とログファーム『PCTV-hiwasa』。
ようやくMac用のワンセグチューナーについて、チラホラと見られるようになってきた。
とかくこの手の物はWindows主導でMacは蚊帳の外…という場合が多いため、Mac対応の物が発売されると素直に嬉しい。
新しもの好きの私としては、いずれどちらか購入しようと思っていたが、ここにきて問題が。

思いの外高いスペックが必要だった…。

『ON TIME TV for Mac』は、Intel CoreDuo1.66GHz以上またはPower Mac G5 1.6GHz以上。
『PCTV-hiwasa』は、1.6 GHz以上のG4/G5 搭載機またはIntelMacを推奨。

現在主に使用しているのはPowerBookG4 1.67GHz。
約2年前の機種だ。
『PCTV-hiwasa』の方はなんとか使用できそうだ。
とりあえず本体だけ購入しておいて、視聴ソフトの正規版リリースを待ってみようと思う。

PowerBookG4 1.67GHz。
普段の私の使い方では過不足ないスペックなのだが、いざ最新の機器を使用したいと思ったとき使えない…ということも考えられる。
薄型液晶の新MacBookの噂も聞こえてきた。
そろそろ買い換え(もしくは買い増し)の時期かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/08

【出来事】疲れた時には

疲れた時には甘い物。
この前見つけた洋菓子屋にてチーズケーキ購入。
控えよう控えようとは思うが、身体が欲しているのだから仕方がない(この時間帯に食べるのは決して良くはないだろうが…)。

あと2日で連休。
あと2日。
あと…。
zzzzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/07

【出来事】缶詰め

先週すんなりと休暇の許可が下りたのは、どうやらウラがあったらしい。

30日、某アーティストのライブを見終え、翌日朝一の飛行機で青森へ帰り、10時には出社することができた。
出社そうそう、上司から「お前、明日から講習に行ってこい」とありがたいお達し。
翌2月1日には講習会場のある神奈川へ舞い戻ることになった。

そしてそれから1週間、研修所に缶詰めである。
いずれこの「缶詰め講習」を受けると思っていたが、たしか今年度はアイツだったような気がするのだが?
…逃げたな。

(今更になるが)某アーティストのライブについて書きたいこともあるのだが、さすがに疲れた。
またあらためて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »