« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の18件の投稿

2005/03/31

【出来事】送別会

昨日…というか今朝まで送別会やってた。

今年、うちの部署からは1名異動になった。
その異動になった彼とは、入社当時ちょっと仕事をしただけで、その後一緒に仕事をする機会はほとんどなかったけれど、順応性の高い優秀な人。
正直、うちの部署からいなくなられるとイタイ。
明日からどうしましょ?という感じ。
いろいろな点で頼っていたしね。

彼にとっては初めての異動。
彼自身もいろいろ想うところもあるだろけど、新天地で頑張って欲しいなぁ。

それにしても眠い(-_ゞzzzzz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/30

【不機嫌なジーン】やっと放送されます

先日、無事放送を終えた竹内結子さん主演「不機嫌なジーン」

ようやくフジテレビ系列のない、我が青森でも放送するようです。

【ドラマストリートⅠ】月〜金・14:00〜14:55
・3/28(月)〜4/18(月) ほんとにあった怖い話
出演…稲垣吾郎
・4/19(火)〜5/3(火) 不機嫌なジーン
出演…竹内結子
ATV(青森テレビ)・4月の番組情報より

リアルタイムで放送されないことが判明した1月
マジで凹みました。
それから3ヶ月、長かったぁ…。

▼関連
【不機嫌なジーン】立ち直れん…


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/29

【竹内結子】ランチの女王・第8話

しばらく更新をサボっていたら、『不機嫌なジーン』が先に終わっちゃったf(^_^;)
『ランチの女王』も追いつかねば…。

▼第8話のお気に入り

なつみの元カレ・修史(森田剛)が『キッチンマカロニ』に押し入る。
なつみを庇おうとした純三郎(妻夫木聡)は殴られ、気を失ってしまう。
050329_yuko1
なつみ「純三郎くん?…純三郎くんッ!!」

警察から解放されたものの、帰る場所のないなつみ。
そこに勇二郎(江口洋介)が迎えに来る。
勇二郎「あんたの給料じゃ全然足りないんだよ…だから帰ってきなさい」
050329_yuko2
なつみ「…」

疲れたなつみは、勇二郎に寄りかかり眠ってしまう。
050329_yuko3

この回って笑顔がなかったなぁ。
物語の展開上、仕方ないか…。

「ランチの女王」4巻目終了。
特典はエンディングのノンクレジット版。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/24

【AIR-EDEG[PRO]】そこそこ快適

2005年2月18日から開始したWILCOM(旧DDI)のワイヤレスデータ通信サービス、AIR-EDEG[PRO]

1チャンネル32Kbpsを4つ束ね、最大128Kbpsのデータ通信を可能にしていたものを、さらに4つ束ねるこ……って、今更説明するまでもないか(^_^;
理論上は256Kbpsでの通信を可能にしたAIR-EDEG[PRO]。
ものは試しと言うことで、「AH-N410C」から「AX510N」に機種変更。
料金コースも、つなぎ放題[4×](旧つなぎ放題+オプション128)からつなぎ放題[8×]に変更。

変更ついでに、ちまちまと調べてみた。

▼自宅(市街地・屋内・窓際)
お約束コマンド「AT@K20」で調べると、18局の基地局を掴める。
意外にあったのね…。
何回か繰り返してみたけれど、おおよそこんな感じ↓

電界強度50〜55がひとつ。
30〜39が4つ。
20〜27が8つ。
19以下が5つ。

50代がひとつあるだけでも御の字(*^_^*)

ここで受信速度を計測すると、すいている時で100〜130Kbps程度、混雑していると60〜80Kbpsという具合。
つなぎ放題[4×]の時は、せいぜい50Kbps程度だったもんなぁ。

▼職場(市中心部から離れたところ・屋内・窓際)
職場近辺の電波状態、最悪なんですよ。
調べてみると、一応13局は掴めた。
でも電界強度は、一番ましなもので30〜35がひとつ。
20〜25が6つ。
10代が6つ。
やっぱりダメかぁ…。
受信速度も、平均して40〜50Kbps代。
30Kbpsを下回る時もあった。

暇な時間に適当に調べただけなので、それほど正確なものではないけれど、確かに以前(つなぎ放題[4×])よりは速くなった感じはする。
暇さえあれば、iTunesのラジオをよく聴いているワタシ。
以前は32Kbpsのラジオしか聴くことが出来なかった。
今は64〜96Kbpsのラジオを聴くことができる。
これは大変有り難い。

反面、以前より接続されるまで心持ち時間が掛かっているような気がする。
あと、速度のばらつきが大きい(まぁ、最大値が上がったので、ばらつきが大きく見えるだけかも知れないけれど…)。
基地局密度の高いところでは、平均200Kbpsの状態を維持できるらしいけど、まぁ田舎ではこんな程度でしょ。

▼メガプラス(旧WEBトルネード)
メガクラスの体感速度と銘打ったAIR-EDEG[PRO]。
その要とも言えるのが、プロトコル最適化機能「メガプラス(旧WEBトルネード)」。
でもほとんど使ってません(^_^;

確かにメガプラスON、画像圧縮最大レベルにすると、ページによっては見違えるような早さで表示される。
まさしく初期のADSLのように(ただし、画質が犠牲になってますけど…)。
反面、若干プロキシを弄っているものだから、表示されないページもあったりすし、ページによっては、「表示されるまで」もたつく時もある。
一長一短ですね。

まだ一週間程度しか使ってないけれど、そこそこ快適。
ケーブルに囚われず、いつでもどこでもネットに繋げられるというのは、やっぱり魅力的。
あとは、料金がもっとちょっよ安ければ言うことはないんだけどね。
来月の請求が恐い…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

【日本語「日めくり」一日一語】いまさらながら

今の若い世代の人……、なんかイヤだなぁ、この言い方…。

ワタシより若い世代の子って、ホント言葉知らないよなぁ、とか思う時がある。
恐らくワタシより上の世代の人からは、ワタシの世代も同じように思われてるんでしょうけど。

事実ワタシ、語彙が貧弱。
こうやってブログを始めて、自分で文章を書くようになって、改めてそれを自覚。
話し言葉やノリで書いているぶんには問題ないものの、いざ真面目に文章を書こうと思うと「あれ?この言葉ってこういう使い方でいいんだっけ?」という感じでイマイチ自身がなくなる。
加えて、意外に耳で聞いて覚えていた「つもり」の言葉が多い。
恥ずかしながら、長い間「雰囲気」を「ふいんき」と読んでいたし、「シミュレーション」を「シュミレーション」と堂々と書いていたし(^^ゞ

言葉って難しいなぁと、いまさらながら感じている。
そこで今読んでいるのが、コレ↓


4121500903日本語「日めくり」一日一語
読売新聞校閲部
中央公論新社 2003-06

by G-Tools
4121501365日本語「日めくり」一日一語〈第2集〉
読売新聞校閲部
中央公論新社 2004-06

by G-Tools

読売新聞で連載されているものを書籍化。
1ページに一つの言葉とその意味合い、語源等が書かれている。

言葉やその本来の意味をいかに知らなかったか、自分のバカさ加減を再確認…。
でも、改めてこうやって読んでみると面白い。
普段何気なく話している言葉が、実は全く逆の意味だったり、「ギザギザ」は日本語だけど「ジグザグ」はドイツ語だったとか…。

ということで、ただいま語彙を増やすべく、勉強中。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/21

【出来事】記念

BlogPeopleの「本日お誕生日のBlogサイト」に登録していたのをすっかり忘れてた(^_^;

一応記念ということで。

050321


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

【ピジョンズミルク】当った

2月27日(Sun)、浅虫水族館で行われたピジョンズミルクミニライブで限定販売されたTシャツ。
そのTシャツが、先週のFM青森の番組内でプレゼントしていたんですけど、なんかそれに当っちゃったみたいです。

昨日、帰宅したらFM青森からの郵便が届いていて、封を切ると…

050316_pigeon

↑が入っていました(実物はきれいな薄い桃色です)。

今まで懸賞とか当ったことがなかったんですけどね。
今年はちょっとついているかな(^_^)

▼関連
【ピジョンズミルク】ミニライブin浅虫水族館2


▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/15

【ココログ】メンテナンスだってさ

3月17日(Thu)の7時から12時まで、ココログのメンテナンスを行うとのこと。
この時間帯、ココログの閲覧以外は全て利用できない。

さて、本当に12時までに終了できるか(^_^;
大幅に時間がずれ込んだという前歴がありますからねぇ…。
スタッフの方も大変だとは思いますが、予定時間に終わることのできるようお願い致しますm(_ _)m

▼お知らせココログ
http://info.cocolog-nifty.com/info/


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【W31S】ビミョーな仕様

ようやく正式に発表されました>ソニエリ「W31S」

正式に発表される前から、「W31S」に関する流出画像やらスペックとかが各処で流れていたので、それほど驚いてはいませんが。

主な特徴が、

    1. スライドボディ採用
    2. 着うたフル対応
    3. FMラジオ搭載
    4. 音楽プレイヤー、5種類のイコライザ機能
    5. 音楽を聴きながらEZweb閲覧、メール作成・送受信
    6. マイク付きミュージックコントローラー・ステレオヘッドホン同梱
    7. オートフォーカス付き201万画素CMOSカメラ
    8. メモリースティックDuo、メモリースティックPro Duoカードスロット搭載
    9. ジョグダイヤルの廃止、クロスコントローラーの廃止
    10. USBマスストレージクラス対応

と、てんこ盛り(※ITmediaMobile、3月14日記事を参考)。
でも、今回は全く欲しいと思えない。

まず、重そう。
重さは約136グラム。
前機種の「W21S」が約133グラムと、重さからすると3グラム増ですけど、デザインが角張った分、より重そうに見えるんだよなぁ…。

で、中途半端なのが「音楽」関係。
ITmediaMobileの記事によると…、

着うたフル、FMラジオに加え、CDから取り込んだ音楽を聴くことが可能な音楽プレイヤー機能を装備。パッケージにはW31Sへの書き出しに対応した音楽管理ソフト「SonicStage Ver.3.0」が付属し、手持ちのCDなどの楽曲を端末の外部メモリに転送して聴くことができる。同ソフトはATRAC3plus/ATRAC3/WAV/MP3 (32-320kbps)/WMAにも対応しているため、PC向け音楽配信サービスで購入した音楽も、ATRAC3に変換して端末の外部メモリに転送することが可能だ。

とのこと。
…ちょっと待て。
この文面でいくと、「SonicStage Ver.3.0」自体は、MP3他各種ファイルの読み込み(書き込み?)に対応しているけれど、「W31S」で再生できる楽曲のファイル形式は「ATRAC3」だけってことですか?

更にビミョーなのが、ケータイWatch3月14日の記事。

音楽プレーヤー機能を利用する場合は、マジックゲート対応の最大128MBのメモリースティックDuoに対応するが、カードスロット自体は最大512MBのメモリースティック PRO Duoもサポートする。

「W31S」に搭載されているミュージックプレイヤーは、128MBまでしか認識しないということでしょうか?

まぁ、今の時点では文面から推測するしかないわけで、揚げ足をとっているにしかすぎないんですけど、なんかビミョーだなぁという印象はぬぐえない。

個人的にちょっと残念なのが「ジョグダイヤルの廃止」。
DoCoMoの「SO503i」から、ずっとジョグダイヤルを使い続けていて、ケータイでの文字入力・変換は「ジョグダイヤル&POBox」で慣れてしまった。

ケータイでの文字入力・変換という場面に関しては、ジョグダイヤルは未だ有効であると思っている。
反面、昨今ケータイでゲームを遊ぶことが当たり前のようになってきたが、正直ジョグダイヤルでそれらゲームを楽しむことは難しい。
そのギミック上、垂直方向へのスクロールは便利なものの、水平方向の操作性は垂直方向に比べ格段に悪くなってしまう。
一時期、SONY製品の全てに「ジョグダイヤル」が装備されていた時代もあったが、周りを見渡すと、ジョグダイヤルを採用している製品も少なくなってしまった。
新採用された「クロスコントローラー」の操作性は、どのような感じなのだろうか。

いろいろツッコミ処満載な「W31S」。
今回はスルーということで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

【aiko】チケットゲット♪

4月11日(Mon)、「グリーンホール相模大野」を皮切りにはじまるaikoのライブツアー、「Love Like Pop Vol.9」
そのチケット発売が、昨日3月13日から開始されました。

aikoのライブは、なかなか仕事の都合もつかず、何よりチケットがとれなかったので、2001年の「Love Like Pop Vol.6」以来行けないでいる。

今年の「Love Like Pop Vol.9」も無理だろうなぁ…と思っていたら、4月16日にワタシの生息地近くの「函館」であるじゃないですか。
しかも「土曜日」だし。

日程は大丈夫。
でも、チケットはどうせ無理でしょ…と思いつつ、一応3月13日のチケット獲得にチャレンジしてみることに。

挑戦したのは、コンサート関係のチケットではお世話になっているローソンチケット・ドットコム

発売開始時間10時。
ローソンチケット・ドットコムにアクセス→「ドットコム・ステージパス」にログイン…。
ビジー状態でログインできねぇし。
引き続きアクセスしつつ、一応ケータイでもかけてみるけれど、聞えてくるのは「ただいま回線が大変混み合っております…」のメッセージのみ。
10分ほど繰り返し接続を試みたものの、やっぱりダメ。

半分諦めモードで、コーヒーを入れる為にパソコンの前を離れる。
再びパソコンの前に座ったのが10時15分頃。
ダメだろうなぁと思いながらログイン→Lコード「14417」を打ち込んでみる。
あれっ?アクセスできる…。
しかも、まだ申込が終了してないし。
これってもしかして…、

予約受付が完了しました。
店頭引き換え期間にローソン店頭でお引取ください。

…予約できた(*^_^*)
ダメもとだと思ってたんだけどなぁ。

ということで、今日仕事帰り、

050314_aiko

↑をローソンで受け取ってきました。

「Love Like Pop Vol.9」、4月16日(Sat)函館市民会館講演のチケットゲット〜♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/10

【アイ,ロボット】豪華すぎるのも…

CDショップに行ったら、「アイ,ロボット特別編」があった。

劇場公開時に見た時は、正直あまり面白いとは思えなかった。
先が読めたもので。
今回も買うつもりは全くなかったものの、製作過程や裏話を知ることができる「特典」目当てで、ついつい買ってしまった。

ついつい買ってしまった「アイ,ロボット特別編」は、本編収録の「DISC1」と特典映像の「DISC2」の2枚組。

とりあえず、おさらいがてら本編を見てみようと「DISC1」を再生。

1分経過
5分経過……
10分経過………

…いつになったら、メニューになるんだろ。

再生してから15分程度、ひたすら「20世紀フォックス」系作品の予告編やら宣伝が流れ続ける。
この頃のDVDには、よく自社作品の宣伝を始めに流すものがありますけれど、いくら何でもこれはやりすぎ。
本編に入るまでにだれてしまう。

途中でメニューに飛ぶのも癪だったので、ひたすら流れ続ける宣伝を見続けて約15分。
ようやくメニュー画面に辿り着く。
と思ったら、メニューにも「20世紀フォックス」系作品の予告が、メニューの項目としてあった。
ここまでくると、「くどい」。

制作者自らが語る「コメンタリー」は、DVDの醍醐味のひとつだと思う。
「アイ,ロボット特別編」のコメンタリーは、豪勢な仕様。
「監督と脚本家」「テクニカルスタッフ」「劇中音楽の作曲家」の3本立て。

「アイ,ロボット」は、おおよそ110分の作品。
収録された3種類のコメンタリーを全て聴くとすると、330分…。
それに加え、字幕版と吹き替え版を観ると、プラス220分…。
せっかくお金を支払って買ったものだから、全部聴いてみたいとは思うが…。

「監督と脚本家」のコメンタリーを見終え(聞き終え?)、特典映像の「DISC2」へ。
これもまた圧巻。
製作過程やロボット開発有識者達のコメント、モーションキャプチャーの様子など3時間くらい。
モーションキャプチャーの様子などは、笑えるというか何というか。
全身タイツ男達が、何もないところで必死に演技している姿が、なんともシュール。

とりあえず買ってきたものの、まだこのDVDの半分も見ていない。
豪華すぎる仕様も困りもの。
全て見ようとすると、途方もない時間を要しますし…。
本編だけを気軽に楽しみたいのであれば「通常版」で十分ですね。

▼「アイ,ロボット」公式サイト
http://www.foxjapan.com/movies/irobot/


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/03/08

【ピジョンズミルク】いつかは聴いてみたい

ここ1・2日、ピジョンズミルク公式ホムペのBBSで盛り上がっていたのが、「ゴジラ」

といっても、「ゴジラ」そのものじゃないんですけどね。

ピジョンズのある曲の歌詞が、CDに収録されているものとライブで歌われるものと若干違うものがあるんです。
原曲(ライブで歌われるもの)は、歌詞に「ゴジラ」という言葉が含まれていたんだけど、CDに収録する際、東宝さんの著作権とかもろもろの関係で歌詞を変えざるを得なかった、という経緯があったらしいんです。

で、普段はライブでしか聴くことのできない、その「ゴジラVersion」のライブ音源を、昨日のネットラジオ「ももラジ」で流したくれたみたい(←昨日は聴けなかった…)。
ファンからすると、そういうのってすごく嬉しい。

で、ふと思ったんですけど、CDに収録されていない、まだ聴いたことのない曲が結構あるんですよね。

    1. カーニバル
    2. 断片
    3. あなたのために
    4. 食卓
    5. 無限の空へ
    6. 春の風

などの曲はまだ聴いたことがない(「無限の空へ」は何となく記憶があるけど)。
もっとあるんでしょうね、たぶん。

聴いてみたいと思うのがファンの心理。
いつかは「現在のももさん」の歌声で聴いてみたいなぁ…。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

【電車男】中谷美紀だって(笑)

スポーツ報知芸能欄(3月4日)に、2ch発純愛物語「電車男」の劇場版キャストが載っていましたね。

主演・電車男を演ずるは、六番目の小夜子(古っ!)な山田孝之。
そしてヒロイン・エルメスを、約三十の瞳な中谷美紀が演じる。

中谷美紀だって(笑)

まさかホントに彼女が演じるとは…。
原作の中で、エルメスは「緒川たまき・(YOU+国仲涼子)/2もしくは中谷美紀」に似ているとは言ってましたけどね。

映画は正直期待してなかったけれど、なんか面白くなってきたな。

劇場版「電車男」は6月公開予定。



▼これ面白かったなぁ…女優中谷美紀の第一歩がここに

B00005HTUEBeRLiN ベルリン
中谷美紀 永瀬正敏 あめくみちこ 大島渚
ジーダス(JSDSS) 2001-02-23

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/03/05

【ランチの女王】キュート♪

雨のち晴れさんからリクエストがありましたので…。

050305_yuko1
ペコちゃん(*^_^*)

050305_yuko2
もひとつおまけ。

いかがでしょ?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/04

【竹内結子】新作映画ヒロイン

いつもお世話になっている(け)さんのところに、竹内結子さん新情報が。

新作映画のヒロイン決定〜♪

監督は「セカチュー」な行定勲さん。
主演は「ローレライ」な妻夫木聡さん、そしてヒロインとして「不機嫌なジーン」が絶好調な竹内結子さん。

奇しくも「なつみ」と「純三郎」のコンビが復活です←分かる人は分かるよね

映画化される作品は、三島由紀夫・最後の長編4部作「豊饒の海」の第一巻「春の雪」

春の雪。
昔読みましたね、辞典片手に。
だって、旧字が多くて漢字読めないし、言い回しが古いし…。

おおよその物語は覚えていますけど、ココで書いちゃうと楽しみが無くなりますしね。
秋まで楽しみにしておきましょ。

ちなみに…。
豊饒の海は、「春の雪」、「奔馬」、「暁の寺」、「天人五衰」と全4巻。
各巻毎に時代・背景・環境の異なる独立した物語として完結しています。
でも、それぞれの主人公が、歴史の流れと共に輪廻転生の縁で繋がっているという面白い作品。

やっぱり「よみがえり系」に縁のある竹内結子さんでした(^_^;

▼トラックバックしました
(け)


| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005/03/02

【aiko】印刷不良?

aikoのホムペを覗いたら、

3/2発売アルバム「夢の中のまっすぐな道」
初回盤ブックレット印刷不良についてのお詫び

とのお知らせが。

なんのこっちゃと思い読んでみると、初回盤ブックレットの表紙にのaikoの写真がありますけど、それの向かって左側の髪のところに、傷のような筋が入っているものが一部あるとのこと。

どれどれと、手元にあるものを確認してみると……あっ、あった。
う〜ん、言われなくちゃ気付かないけどなぁ。

ポニーキャニオンは交換後希望の人には正常なものと交換してくれるんだって。
誠実な対応に感謝感謝。

でも、ある意味レアものだよな、これって。
どうしよ…。

詳しくはaikoオフィシャルホムペの「NEWS」を確認のこと。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/01

【aiko】夢の中のまっすぐな道

aikoの6thアルバム夢の中のまっすぐな道、ゲットしました。


B000456XPM夢の中のまっすぐな道
aiko 島田昌典 吉俣良
ポニーキャニオン 2005-03-02

by G-Tools

曲はこれからじっくり聴くとして、「初回盤のドッキリ」、早速見つけましたよ。

「初回盤のドッキリ」というのは、fm osakafrom aiko、3月1日のメッセージに、

んと、今回の初回盤は1曲だけ歌詞が歌詞カードに入ってません。
だけど、絶対にどこかに入ってますので
探して欲しいのです。
よろぴくお願いします!

とあったんですよ。
で、探しました…というか何となく予想はついていたんですけどね(^_^;

13曲目の歌詞と、aikoさんからの「アルバム聴いてくれてありがとう」という感じの優しいメッセージが書かれていました。

久々にやってくれました、って感じです。
2ndアルバムの「桜の木の下」では、「えせボーナストラック」と銘打った「恋愛ジャンキー」の歌詞が帯封(?)の裏に書かれていましたし、3rdアルバム「夏服」では、「夏服」の歌詞が○×△□(←秘密!)に書かれていましたしね。
好きだねぇ、こういうの。
でも楽しいからいいか(*^_^*)

あと年末の「COUNTDOWN TV」CMで流れた、

aiko_05
突き抜けるほど 晴れた日〜

が収録されていました。
1曲目の「青い光」という曲です。

さぁ、これからじっくりと聴くぞ〜♪

▼トラックバックしました
アイツを振り向かせる方法
えろやまのエブリデイがもりだくSUN.com


| | コメント (6) | トラックバック (4)

【ココログ】大容量化

他者他社ブログが、次々とギガバイト級の容量増加を打ち出している中、ココログがどう対応するのか気になっていましたが、いよいよ動き出す模様。

お知らせココログにココログのディスク大容量化についてという形で、見解が掲載されていましたね。
一通り目を通しましたけど、「一応見解は示すけど、まだ検討中」というところでしょうか。

こぞって各社が取り組んでいる「容量増加」って、いったいどうなんでしょうね。
まぁ確かに「ある程度の」容量は必要だと思います。
けど、ギガバイト級の容量が必要かと言えば、私はNOです。
一個人が備忘録的に利用しているぶんには必要ないと思うんですけどね(一部の大人気ブログとかは別でしょうけど)。
それに上を見たらきりがないでしょ、この手のことは。
でも、大容量化を望む声があるのもまた確かでしょうから、対応せざるを得ないと。
経営する側からするとやっかいな問題だわ、こりゃ…。

今回のココログの見解で、

ココログとしては、「サーバーのレスポンスが遅くならない」ことを第一義的に重視し、ギガバイト化の対応を行いたいと考えております。何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

という点は、今後もその方向で進んでほしいなぁ。
この頃ようやく、一時期のように、夜間にメチャクチャ遅くなるようなことが無くなりましたもんね。

今後 3ヶ月をめどに、順次対応と告知を行っていく予定でございます。

とのことですので、しばらくはココログのお手並みを拝見いたしましょう。

▼お知らせココログ
http://info.cocolog-nifty.com/info/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »