« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の51件の投稿

2005/01/29

【出来事】てんぱった

…てんぱってます。

「てんぱる」とは、元々は麻雀の「テンパイ(聴牌)」のことで、

あと1枚のめざす牌が入れば上がれる状態になること。 from広辞苑第五版

という意味です。

…じゃなくて、マヂで仕事終わらねー。

こんなの打ち込んでいる暇あれば、仕事できるよなぁ。

…仕事戻ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

【大人力診断】をやってみた

なにかネタがないかとブラブラしていると、こんなものがありました。

「大人力診断所」

    • 「上司力」
    • 「ベンチャー力」
    • 「モテ力」
    • 「宴会力」
    • 「旦那力」
    • 「貯金力」

の6項目を診断し、全ての診断を受けると「総合大人力判定」がわかる、というもの。

※注意
診断を受けるためには、メールアドレスの登録が必要→本来はソースネクストのメールニュース会員限定のサービスのため。
診断を試してみる=ソースネクストのメールを受け取ることになるので、注意。

私の結果はこんな感じ。

▼上司力検定:十両級(17点)

あなたの上司力は、いちおう上司っぽく振る舞うことはできるという程度の実力。部下に恵まれれば無難な上司にはなれそうです。今のポジションに安住せず、上司力に磨きをかけて、さらにイカした上司を目指しましょう。

「部下に恵まれれば」…(´・ω・`)

▼ベンチャー力検定:アニキ級(17点)

あなたは、ウマが合う部下からは「アニキ」と慕われる立場になれる程度のベンチャー力は持っています。大それた野望を抱かなければ何とかなるでしょうが、サラリーマンと比べてどっちがいいと考えるかはあなた次第です。

「大それた野望を抱かなければ」…(´・ω・`)

▼宴会力検定:お通夜級(7点)

あなたの宴会力は、かなり危なっかしいと言わざるを得ません。お通夜のように静かな宴会なら何とか乗り切れるでしょうが、少しでも盛り上がった時はくれぐれも注意しないと、周囲や自分が辛い思いをすることになります。

…もしかして周りにそう思われてる?

▼モテ力検定:アイドル級(19点)

あなたは、十分すぎるほどのモテ力の持ち主。これからも異性との交流を重ねながら、さらにモテ力を鍛えていってください。ただ、モテ力があるからといって、幸せな男女交際ができるとは限らないところが何とも厄介ですが。

「幸せな男女交際ができるとは限らない」>ほっとけ!!

▼旦那力検定:おしどり級(20点)

あなたの旦那力は、向かうところ敵なし。自分がそれで満足かどうかはさておき、末永く大人の結婚生活が送れるでしょう。女性の場合は、大人の旦那力溢れるパートナーを見つけたり、仕立て上げたりできるはずです。

「自分がそれで満足かどうかはさておき」>微妙だなぁ

▼貯金力検定:雪だるま級(19点)

あなたは、まるで雪だるまのように、何をやっても増えていく貯金力の持ち主。その調子で、どんどん貯め込みましょう。ただし、十分な「使いみち力」がないと、かえって悲惨なことになりかねません。お気をつけください。

「何をやっても増えていく貯金力の持ち主」>減っていくばかりデス…

▼総合大人力:白帯級(99点)

ファイト! まだまだ大人への道のりは遠そうですが、誰だって最初はヒヨッコの入門者です。日々、稽古を重ねていけば、憧れの黒帯も夢じゃありません。点数の低かった診断に再度チャレンジしてみましょう。

まだまだ「お子ちゃま」ということですか…

納得いかないというわけじゃないですけど、なんか中途半端。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】テレビ・ラジオ出演レポ

私的一押しのピジョンズミルク

昨日27日と本日28日、青森県内のテレビ・ラジオに「ピジョンズミルク」が続々出演。

27日の分、録画・録音できたものを簡単にレポ。


▼ATV「おしゃべりハウス(TV)」

番組冒頭に出演。

1stアルバム「キルト」についてと県内のライブ告知だけ(´・ω・`)
トークがなかった、残念…。
ライブ告知のバックには「Reborn」のPVがちょっと流れた。

そういえば、2月27日の水族館ライブで初披露するものがあるんだって。
楽しみ〜。


▼RAB「あおもりTODAY(ラジオ)」

青森市内の保育園から生放送。
保育園児とももさん。
レアです。

番組内ではこんな感じの会話が…。


もも「ピジョンズミルクって知ってるぅ?」
園児「シッテル〜!!」
アナウンサー「ピジョンズミルクってなんだ?」
園児「ミルクみたいなやつ…」
アナウンサー「じゃあピジョンズミルクって美味しいですか?」
園児「オイシイ…」
もも「ある意味オイシイ(笑)」

って感じで進行。

続いて、ももさんも初体験。
園児の前で「世界の美しさを知るために・・・」を披露。
10歳より下の子に歌うのが初めてなももさん。
どんな反応を示すのか緊張したそうですよ。

このあとも番組の企画があったみたいだけど、MDの録音時間が過ぎた。
残念…。

▼RAB「出会いふれあい生テレビ(TV)」

こちらは内容充実。

最初の話題は、1stアルバム「キルト」について。
「キルト」の由来とか、収録曲「幸せを呼ぶクリームシチュー」についてとか、作曲したことについてとか。
実はももさん、ホントは○×が苦手なんですって。

続いての話題。
ももさんの子ども時代から「ピジョンズミルク」として活動するまで。
小学生のころ、地元のラジオ局で歌ったことがあるそうです。

貴重だったのが高校時代のバンドの写真。
今の「ピジョンズミルク」の前身ですね。
へぇ…、こんな感じだったんだぁ…。
赤いドレス来て、いまよりも大人っぽく見えるかも。
高校時代のバンド名も初めて知りました。
メモメモ…。

次は「ピジョンズミルク」として活動をしてからのこと。

メジャーデビュー曲「りんご」について。
離れて初めてわかる故郷の大切さとか、お母さんへの感謝の気持ちを込めて作られたのが「りんご」なんですって。
だから郷愁を誘うのかな…。

全国47都道府県をまわった「北風ツアー」の写真も何枚か流れました。

あと、ネットラジオ「ももラジ」についての宣伝と、県内ライブの告知という感じかな…。

締めて10分の出演でした。

そうそう。
ももさんファッション、キュートでしたよ。
ニットキャップと白をベースにしたジャケット。
ジャケットには、いろいろな柄のパッチワークキルトが施されているという感じです。

PCに録画したんで、キャプ画像をアップできないこともないんですけど、それってNGですよね、たぶん。
う〜ん、みんなに見てもらいたいけどなぁ…。

本日28日はテレビ2件、ラジオ2件出演。
うち1件は、ケーブルテレビなので見られない(´・ω・`)
ラジオも複数のタイマー録音が出来ない(´・ω・`)
どうしよ…。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/



「世界の美しさを知るために・・・」は、1stアルバム「キルト」1曲目に収録
優しくなれる曲ですよ

B0006FGVM0キルト
Pigeon’s Milk
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2005-01-19

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/27

【現代学生百人一首】切ないね

東洋大学が毎年募集している「現代学生百人一首」

18回目を迎えた今年の百首が発表されていました。

いつも思うんだけど、こういうセンスがある人って羨ましい。
全然こんなの思いつかんし。


で、今回良いなって思ったのが…、

秋風が君と私の帰りみち手と手をつなぐ理由をくれた
※県立三本松高校 日比さくら

良くありません?
なんかaikoさんの歌にありそう。


あとは、

好きなんだそんな思いに気付かずに君は僕にも恋の相談
※県立姫路工業高校 米田

こんな経験、そういえばあったなぁ…。

「相談相手」ってビミョーな関係じゃないですか、「近からず遠からず」な感じで。
でも、もし告白して断られたらって思うと、なかなか好きだって言い出せなくて。
だったら「相談相手」という関係であっても、彼女の近くに居られるなら、断れるよりいいかなって感じで。
…切ないね。


最後はちょっと真面目に。

生きるのは死ぬことよりも難しいそう思わせる自殺のニュース
※県立一戸高校 下館徹

生きるって難しいッスよ、ホント。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今週、妻が浮気します】生々しいなぁ…

「今週、妻が浮気します」

というなんとも「えぐいタイトル」の書籍。


412003609X今週、妻が浮気します
GoAhead & Co.
中央公論新社 2005-01-25

by G-Tools

かの2ch発純愛物語(?)「電車男」よろしく、とある掲示板の書き込みが書籍化されたもの。

ログがこちらにまだ残っているし、買うつもりはなかったんですけど、書店に並べられたものをみてついつい買ってしまった…。

ところで、タイトルといい本の外観といい、「いま、会いにゆきます」に酷似してません?これって。
どーでも良いか…。

内容云々については、各処で載っているでしょうから省略>手抜きじゃないよ

同じくネット発の「電車男」より、題材が「不倫」「浮気」ということも相俟って、そのやりとりは生々しい。
結末も、下手なドラマよりドラマらしい展開ですしね。
事前にネットで読んではいましたけど、「書籍」という媒体で読むとまた趣が違います。

本来、夫婦間で解決すべき問題を、不特定多数の人間が閲覧する掲示板に曝して、回答を求めるということが、いかにも現代的…。

寄せられた回答を読むと、まぁ野次馬根性丸出しで、しょーもないアドバイスとか煽っているだけのものもありますけど、その多くは真摯。
自分の事のように考えている人が多くみられます。

よくネットの「陰」の部分として「匿名性」が挙げられるけど、反面、なにも飾る必要がない・自分を出せるという「陽」の部分もあると思うんです。
その良い例が、今回の件ではないでしょうか。

まだ「ひとりもん」の私が言うのもなんですが、「夫婦」っていう形のあり方を考えるうえで、良いお手本になるんではないかと。

機会がありましたら、ご一読あれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/26

【竹内結子】ランチの女王・第5話

「不機嫌なジーン」が放送されてからというもの、「ランチの女王」で検索して、ここを訪ねてくれる方が増えてます。

「ジーン」を見て、コミカルな結子さんを求める人が増えてきたんでしょうか?


▼第5話のお気に入り

海へ遊びに行った帰りの車中
なつみのことでもめる純三郎(妻夫木聡)と光四郎(山下智久)
居心地の悪いなつみは出て行くが…
050126_yuko1
なつみ「やっぱこっちにした」


開店準備に追われるキッチン「マカロニ」
店をのぞいている人物の手には、今と違う印象のなつみが…
050126_yuko2


純三郎に告白され、思わずドロップキックをかますなつみ
しかし、そこには勇二郎(江口洋介)が…
050126_yuko3
なつみ「わかってます、わかってます、私はお兄様のためにちゃんと操を守りますぅ、だからしっかりして〜!」

笑える第5話。
でも、悲しい出来事が…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】ネットラジオ・ももラジ2

私的一押しのピジョンズミルク

昨日、1月25日の21時より、インターネットラジオ「ももラジ」の2回目が放送されました。

準備万端でラジオ(PC)の前にスタンバイ。
21時になり、ラジオ(PC)からピジョンの歌い手・ももさんのタイトルコールが聞えてくる。
それにあわせて、「ももいろの海」が流れ始める。
まったりと「ももいろの海」を聴いていると、曲終了。

さぁ始まるぞ、と思いきや…


……?
………??
…………???

待てど暮らせど、その後音声が聞えない。
…これはもしや、「放送事故」というやつでは?

5分くらい無音の状態が続いていると、突如ももさんの声が聞え始めてきた。
聞えてきたのは、ももさんの今日の出来事(?)
バスに乗った時のおばちゃんの話をしていたみたい(途中からだったので良く聴けなかった…)

また音声が止まるかも、とちょっとハラハラしたものの、それからは普通に放送されました。
一安心…。

その後、1stアルバム「キルト」の曲を流したり、ももさんのゆる〜いトークが続きます。
しばらくすると、ファン(リスナー)からのメールを読んでみよ〜ということに。

そこで、

メールを読んでもらっちゃった

しかも、一番最初に(^_^;

前回の放送で、「キルトの感想とか質問のメール待ってます」と告知があったので、メールを送っておいたんですけど、まさか読んでもらえるとは思わんかった…。
PCの前で狂喜乱舞してましたよ>私

自分の送ったメッセージがラジオ(PC)から聞えてくるってなんか不思議な感じ。
読みにくい文面でごめんなさい>ももさん

その他いろいろ質問メールがきてましたね。
どんなときに作詞するの?とか、「りんご」を上手く歌う方法を教えて!とか、「Reborn」と「北風」のコーラスに仕込まれた秘密等々…。

誠実に質問に答え、時に笑いをからめて、ももさんのゆる〜いトークが流れてきました。

感心したのが、「ピジョンズミルク」への苦言メールもきちんと読んだこと。

もともとは、アコギ2本とももさんの歌声というスタイルだった「ピジョンズミルク」。
紆余曲折あって、現在はももさん一人になった。
送られてきたメールは、「以前のスタイルが良かった」というメール。
それに対してもももさんが、誠実に答えていました。
なんか、いいなぁと思う。
賛否両方の意見を、きちんと受け止めることができる、ももさんの誠実さと強さを感じましたよ。

気が付くと、放送予定時間の15分を大幅にオーバー。
30分以上放送している。

どうやら、初めの放送が流れなかった手違いがあったので、予定時間をオーバーして放送してやろうということらしい。
ありがとう>放送事故
お陰で、じっくり堪能することができました。

次回3回目の放送は1月31日(Mon)21時から生放送〜♪。
※生放送前に2回目の再放送予定あり

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/



▼今回流れた曲
ももいろの海
恋人
ゆらゆら
川に流れる花
は1stアルバム「キルト」に収録されています

B0006FGVM0キルト
Pigeon’s Milk
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2005-01-19

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/25

【笹川美和】トップランナー出演

笹川美和さんという歌い手。

笑い 笑え 泣き 笑え
笑い 笑え 泣き 笑え

っていう歌、聴いたことありませんか?


B0001Z31SC金木犀/笑 (CCCD)
笹川美和 林有三
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2004-05-26

by G-Tools

なんとなく聴いたことがある、という人がいるんじゃないでしょうか。

彼女の歌を初めて聴いたとき、「切ない」を通り越して「痛かった」記憶があります。
その「詞」と「歌声」には、なにかしら「情念」がこめられているようで、一度聴けばきっと忘れることの出来ない、そんな歌い手さん。

…なんて偉そうに書いている私自身も、実は「笹川美和」自身については、ほとんど知らない状態。
曲は良く聴いているんですけどね。

その笹川美和さんが、1月23日(Sun)のNHK「トップランナー」に出演。

それまで「歌」というフィルターを通して、勝手に「笹川美和」像を作り上げていたわけですが、番組を見たことで「笹川美和」自身について、かいま見れたような気がします。

年齢で物事をくくるのはあまり好きではないけれど、あの痛いほどの切なさや、人生を達観したような独特の世界観からは想像できない>21歳ということ。
番組中のうけこたえも非常に誠実。
落ち着いているなぁ…という印象。

番組中、

皆さんが大きくとっていただけるより、全然小さいところで歌っているつもり


自分の曲を皆さんが聴いて、良いと言ってくれることが初めは不思議だった

と彼女は語る。

彼女にとって「曲を書く」という行為は、「自分の中の気持ちを整理するための方法」であるとも言う。

しかし、多くの人がその「笹川美和」という歌い手の世界観に共鳴している。

いつか自分も誰かに向けて、聴いてもらいたいと思う曲を作れるようになったら良いと思うんですけど…

との考えもあるようだけれど、自身が願う「自分が歌っていて気持ちの良い曲」をとことん貫き通せばいいんではないでしょうか。

上手い言い方ではないんですけど、「笹川美和」という歌い手の場合、「歌を聴く」というよりも「詞(詩?)を聴く」といった方が正しいような気がする。

ともすれば彼女の深い歌声は、車を運転しながら聴く…ということには向いていないかもしれません。
どちらかと言えば、部屋でじっくり聴きながら、彼女の世界に浸るのがベストかと。

まだ聴かれたことのない方。
万人が好む音楽というのはないと思いますけれど、一度聴いてみてもいいと思いますよ。

▼トラックバックしました
SasamiCafe
笹川美和さんのファンブログ。
詳しく書かれていますので、是非ご覧下さい(私も勉強になりました)。



▼1月19日リリースの2ndアルバム
新たな彼女の世界です

B0006ISIZK数多
笹川美和 林有三
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-01-19

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【コンスタンティン】予告がよさげ

オーシャンズ12の上映前に、新作の予告がいくつか流れた。

中でもよさげだったのが、コンスタンティン

クロス(十字架)をかたどった拳銃(ショットガン?)をぶっ放してます>キアヌ・リーブス
カッコイイ…。

この映画について知っていたのは「キアヌ・リーブスの新作」という程度。
内容については全然わからん状態。
早速ググる。

原作は「スーパーマン」「バットマン」等を世に出した会社、アメリカDC社が出版するちょっと「成人向け」のアメコミとのこと。
本国アメリカではPG-13指定で上映されたらしい。

「キアヌ・リーブス」演じる主人公「ジョン・コンスタンティン」は、悪魔や魔物と闘うオカルト探偵

「オカルト探偵」って…。
日本語にすると、なんともビミョーな響きですな。

その「オカルト探偵・コンスタンティン」が、天国や地獄を行ったり来たりと、交渉人のような役割をしている。
天国・地獄の連中は、そんなコンスタンティンの魂をねらっているらしい。
コンスタンティンもそれを知りながらも、逆に天国や地獄を利用しようとしている。
という感じらしい。

予告を観た限りでは、「オーメン」が少々入った「ディアボロス」チックで「マトリックス」な映画っぽい>皮肉じゃないです、誉めてるんですよ…

ワーナーがゴールデンウィークむけの映画として投入するんでしょうから、面白い作品なんでしょう、たぶん…。

一応、観る予定にいれておこう。

予告編は、日本版公式ホムペhttp://constantine.warnerbros.jp/でも観られますが、サイズが小さすぎ。
米アップルのQuickTime>Movie Trailersに大きいサイズのムービーあります。
そちらがオススメ。

▼キアヌ・リーブス主演「コンスタンティン」
2005年5月、ゴールデンウィーク上映開始(予定)

▼トラックバックしました
【インテリア&ライフ】
サボテン島のハリネズミ


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/01/24

【芸能人占い】をやってみた

「ネタがないときの占い頼み」というわけでもないんですけど、こんな占いが紹介されてました>芸能人占い

早速やってみた。


▼いつも空さんの魅力を芸能人に例えると?
名無しさんは芸能人に例えるとペ・ヨンジュンタイプです。
あなたは知性と品の良さがあり、落ち着いた男らしい魅力があります。優しく紳士的な雰囲気で周囲を魅了するタイプでしょう。
▼いつも空さんの人気度は?
男性支持率30%
女性支持率30%
名無しさんを支持するのは年代を問わず個性派の人です。
あなたの独特な豊かな感性で、年代を問わず個性派の人達の人気を集めそうです。
▼どんな芸能生活になる?
もし名無しさんが芸能人になったら、プロデューサーとしてアイドルグループを作ってみたり、何かを企画することで成功しそうです。
あなた自身が前面に出るより、あなたの感性を生かして何かを生み出していく方面で才能を発揮出来そうです。

ペ様ヨ、ヨン様ですか。
喜んで……いいのか??

「何かを生み出していく方面で才能を発揮出来そう」>まぁ、そっちの方が好きと言えば好きですけどね。

けど、ヨン様かぁ…。

▼トラックバックしました
MacBSの日常生活的日記


| | コメント (3) | トラックバック (1)

【オーシャンズ12】観客も騙す

オーシャンズ12を観てきました。

まず…

オーシャンズ11を見てから

にしましょう。


B000666STUオーシャンズ11 特別版
ジョージ・クルーニー スティーブン・ソダーバーグ ブラッド・ピット ジュリア・ロバーツ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-06-24

by G-Tools

前作から引き続き出演しているメンバーについて、ほとんど説明なし。
そんな感じで、前作を観ていないと(観ていても?)、初めのうち置き去りにされたまま進行しちゃいます。
まずは「オーシャンズ11」を観てから「12」を観た方が無難かと。

テンポ良いスタイリッシュな展開を、ワクワクしながら観た前作「オーシャンズ11」。

「オーシャンズ12」も、全編スタイリッシュな雰囲気は相変わらずなものの、展開はいまいちパッとしない。
中盤まで、下手すると終盤までだれた展開で進行します(途中で席を立った人が結構いました…)。

そんな調子で最後まで引っ張って、「今回はちょっと面白くなかったなぁ」と思っていると最後に…。

観ている私達も、ある意味だまされていたわけで、最後に「ニヤッ」と笑える映画になってます。
途中で飽きて劇場を出て行った方、残念デシタ。

前作は、犯罪に至るまでのプロセスやテクニックを、手に汗握りながら楽しむことができましたけど、本作は「雰囲気」を楽しむ映画。
肩に力を入れて内容を理解しようとすると、つまらない映画となるやもしれません。
あと、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ブラッド・ピット・キャサリン・ゼタ・ジョーンズとその他大勢の映画と割り切った方がいいかも(バーニー・マックなんて最初と最後に出演しただけだし…)。

その他、気になった点を少々。

▼要所要所に、ソダーバーグ監督のお気に入りの俳優さん・名優さんが出演。

ハリー・ポッターのあの人とか、エリン・ブロコビッチのあの人とか、ブルームーン探偵社のあの人とか。

他にも多数の名優さんが出演しているようですけど、一度観ただけではちょっと無理。
DVDになったら、じっくり探してみよ。

▼前作に引き続き、エンドクレジットにもネタが…。

有名な話ですから知っている方も多いでしょうけど、前作でのジュリア・ロバーツのエンドクレジットは、「新人・ジュリア・ロバーツ」と表記されています。
本作では見事(?)昇格。
エンドクレジットの英単語をしっかり焼き付けて、帰ったら辞典で調べてみましょう。

▼スタッフも大変?

思わず笑いそうになったのが、エンドクレジットの「Security」。
大概、どの映画でも主役級の俳優さんには「Security」がつくようです。
エンドクレジットに、「Security」関連のスタッフ名が流れる場合もあります。

「オーシャンズ12」のエンドクレジット。
「Security」という項目を、余裕があればちょっと注意して観て下さい。
異様に「Security」のスタッフが多いような気がするんですけど…。
豪華すぎる俳優というのも、管理の面からは大変なんでしょうか。

▼サントラが秀逸


B00069BN24オーシャンズ12
サントラ オルネラ・ヴァノーニ デヴィッド・ホルムス ローランド・ヴィンセント
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-01-19

by G-Tools

前作もそうでしたけど、本作も劇中で流れる音楽はセンスが良いと思う。
映画本編は、正直心底楽しめたわけではないですけど、音楽はノリノリです>死語かな(^_^;

▼トラックバックしました

ひらりん的映画ブログ
Chaのお気に。 
xina-shinのぷちシネマレビュー?
京の昼寝〜♪
なみのりともろもろから
ひるめしから
I N T R O + UptoDateから
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
映画トラックバック劇場から
えいがの「え!」


| | コメント (4) | トラックバック (16)

2005/01/23

【ラストクリスマス】DVDリリース

王者「月9」の復活を目指し、一応の成功を収めた「ラストクリスマス」。
いよいよ2005年4月20日(Wed)にDVDがリリースされることが発表されました。


B00067HDZWラストクリスマス DVD-BOX
織田裕二 矢田亜希子 玉木宏 片瀬那奈
ポニーキャニオン 2005-04-20

by G-Tools

「ベタな物語」「ありえねー展開」「ご都合主義」との評価もあったものの、一時低迷していた「月9ドラマ」よりは安定した視聴率を獲得した「ラストクリスマス」。

初回特典として、劇中、矢田亜希子さんが演じた「青井由季」が使用していたマーメードストラップが封入されるとのこと。

▼たぶんコレ↓
050122_1

▼アップしてみた(わかりにくい…)
050122_2
※第3話「涙の抱擁」から

映像特典についての詳細は、まだ発表されていない様子。
出来れば青井のビデオレターを特典で収録して欲しいなぁ…。

購入したい気持ちはあるんだけど、ちょっと財布と相談しなければ…。

各話のレポはこちら。
よろしければご参考に↓

第1話「秘密の二人」
第2話「奇蹟の夜」
第3話「涙の抱擁」
第4話「幸せの絆」
第5話「輝くキス」
第6話「もう一度」
第7話「別れよう」
第8話「心の握手」
第9話「天使の雪」
第10話「約束の海」
最終話「幸せのオーロラ」


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/22

【aiko】シングルとアルバムとツアー

私のプロフィールにも書いてますけど、aikoさんのファンだったりする。

昔付き合っていた娘が、大阪出身だった。
で、その時に「この歌、めっちゃええよ」ともらったCDが、aikoさんの「ハチミツ」。
オススメは「ひまわりになったら」だった。
歌詞を読むとメチャクチャ切ないんだけれど、メロディーが楽しくて元気が出る、そんな歌。
それから、aikoさんの歌をずっと聞き続けている。

ライブも一度だけど行くことができた。
2001年、「LOVE LIKE POP VO.6」(*)の仙台公演を仕事をサボって観に行った。
(*)aikoさんの体調不調で日程変更になった年。
あの小さい身体で、メチャクチャパワフル。
なんで、あんな元気なの?っていうくらい。

aikoさんを知ってから、かれこれ6年ぐらいかな。
いつも元気をもらっている歌い手さんです。

そんなaikoさんの嬉しい情報が続々と発表。

まずは、2月16日(Wed)リリースのNEWシングル「三国駅」


B00077DBAM三国駅
aiko 吉俣良 島田昌典 根岸孝旨
ポニーキャニオン 2005-02-16

by G-Tools

実際に、聞いたことはないけど、ファンの間では結構有名な名曲「三国駅」
いよいよCD化。
個人的には、「ハチミツ」が収録されているのが更にgood。
今のaikoさんが歌うと、どんな感じになるのか楽しみ。

続いて、3月2日(Wed)6枚目のアルバムリリース決定!
タイトル等はまだ不明なものの、「暁のラブレター」以来1年4ヵ月ぶり。
FM OSAKAのfrom aikoを読むと順調に進んでいるみたい。
こちらも楽しみ。

締めに、ライブツアー「Love Like Pop Vol.9」が4月11日からスタート!!
青森での予定はないみたいだけど、近場の仙台・秋田であるみたい。
行けるかなぁ…。

嬉しい情報満載なaikoさん。
でも最後はちょっと真面目に…。
from aikoの1月21日のメッセージに、阪神大震災のことが書かれています。
aikoさんも震災を経験されているんですね。
aikoさんの想いが書かれていますので、ご一読あれ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】TV・ラジオ生出演

私的一押しのピジョンズミルク

BBSにて続々情報が告知されてます。
今度は、青森でのTV・ラジオ出演情報。

▼ラジオ
1月27日はRAB、午前・お昼の2番組
1月28日はFM青森、午後の2番組

▼TV
1月27日は午前に青森テレビ、午後にRABの2番組
1月28日は午前にNHK青森、午後は青森ケーブルテレビの2番組

いずれも生出演!!

ラジオは困った。
複数の時間帯でのタイマー録音ってできないんだよなぁ…。
リアルタイムで聴けない時間帯だし、どちらか諦めるしかないかな。

TVは録画の準備準備〜。
ケーブルテレビは無理だけど…。

25日は「ももラジ」もあるし、忙しくなってきた、…嬉しいけどね。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/21

【ピジョンズミルク】続・ライブ続々

私的一押しのピジョンズミルク

青森でのインストアライブ・ミニライブについて、BBSに告知されていました。

▼イベントライブ
2月5日(Sat)は津軽方面。
青森/音楽堂→弘前/STAR SHOP→弘前/ジョイ・ポップスの3回。

翌2月6日(Sun)は南部方面。
下田/タワーレコードで2回。

▼ミニライブ
2月27日(Sun)、青森/浅虫水族館。
※浅虫水族館の入場料金、もしくは県内指定CDショップで1stアルバム「キルト」を購入、その際配布される入場券が必要(入場券は無くなり次第配布終了)。

正式に告知されるのを待ってましたよ。
一応、2月11日/Shibuya O-Crestのチケットは抑えてあるけど、やっぱり地元でのライブの方がなにかと便が良い。
ももさん、アリガトウ。

でも、2月5日は無理(´・ω・`)
ぎりぎりジョイ・ポップスに間に合うかなぁ…。

2月6日は南部でしょ。
行けないことはないけれど、この季節、車で行くのが億劫なんだよなぁ。
かといって公共の交通機関ないし…。

残る青森ライブは2月27日のみ。
今の季節だと、浅虫水族館まで2時間ぐらいかかるかな…車で。
頼むからこの日、雪積もらないで。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【竹内結子】ランチの女王・第4話

結子さんの笑顔が、一服の清涼剤となっている今日この頃。
財布は寂しくなったけど、心はホカホカ。
「ランチの女王」を買って良かった〜。

▼第4話のお気に入り

勇二郎(江口洋介)「やる気がないなら出て行ってもらってかまわないんだからな」
050121_yuko1
なつみ「はい、すいませんでした〜」

娘一人だけにハヤシライスを食べさせ、自分は店の外で待つ父親。
なつみは、自分がオーダーミスをしたことにして、父親の分も注文した…
050121_yuko2
なつみ「ご迷惑だとは思うんですけど…、すみません」

風邪を引いた勇二郎に薬を飲ませて…
050121_yuko3
なつみ「私、好きですけどね、勇二郎さんのコックさん姿」

「なつみ」のような店員さんがいるお店なら、毎日でも行くんだけどなぁ…。

「ランチの女王」2巻目終了。

特典映像は、ミノル(山田孝之)の似顔絵集。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/20

【ハウルの動く城】朝日新聞に…

1月19日の朝日新聞紙面(21面)に、こんな記事が載っていた。

解いてみました3つの謎
映画「ハウルの動く城」ってわかりにくい?

これによると、「ハウルの動く城」の内容に関して「わからない」と感じる人が多いようだと。
そこで、宮崎アニメに詳しい評論家に謎解きをしてもらおう、という企画らしい。

記事では、分かりにくい点を3つあげそれぞれ謎解きをしていたが、この中で一点、興味深い事柄が…。

▼以下(ちょっと)ネタバレ

ハウルの師匠であるサリマンが、「戦争を終わらせましょう」と言って戦争が終了。
ハウルとソフィーらも幸せに暮らしました、という感じの大団円で終わった「ハウルの動く城」

でも、そんな簡単に戦争が終わるわけないでしょ、という感想を持たれた方もいると思う。

宮崎監督も(実は)簡単に終わるとは思っていないらしく、空飛ぶ城でハウルとソフィーが最後に去っていく場面の絵コンテ横に、

「とはいえ戦はすぐにすぐにはおわらない」

との記述をしていたとのこと。

…皮肉ってるなぁ、宮崎監督。

評論家の方も同様に書かれていますけれど、戦争がまだ続いていると描きたいんならもっと派手に、幸せそうなハウルとソフィーの眼下では、戦火で焼かれた土地が見えるとか、とことんやれば良かったのに。
そちらの方が、消化不良にならずにすんだのではないかと…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三浦大地】再始動

今朝、日テレ・ズームイン!!SUPERを寝ぼけながら見て(聞いて)いると、「三浦大地がソロデビュー…」とかなんとか、ニュースが流れていた。

三浦大地?
なんか聞いたことがあるなぁ…と思っていたら、あの「Folder」の「三浦大地」じゃありませんか。
スポーツニッポンの1月20日芸能欄に写真付で掲載されていますけれど、……デカクなったなぁ。

彼のCDを持っていたような気がしたので、いそいそとiTunesを検索すると…


B00005ECLNEverlasting Love
Folder 小森田実 ベル・リンダ・クリード トーマス・ランドルフ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 1999-12-15

by G-Tools

↑ありました。

最後のシングル「Everlasting Love」。
クリスマスソングなんですけど、これ聞いたとき鳥肌たちました。
あの年代特有の声ということもあるんでしょうけど、やはり(当時)小学生とは思えない歌唱力が強く印象に残っています。
当時、日テレの「THE 夜もヒッパレ」に確か出演してましたよね。
あの番組内で、自分の持ち歌以外の曲を歌いこなしいた彼の姿がなんとなく記憶あります。

そんな彼も変声期に入り、これからというときに休養。

よくある(と言ったら失礼ですが…)パターンでこのまま消えていくものだと思っていたら、無事活動を再開するとの知らせ。
5年間休養していたと言っても、まだ17歳。
これからが楽しみなボーカリストです。

…そういえば、同じく変声期で休養した元Folderメンバー、仲間丈ってどうなった?


| | コメント (1) | トラックバック (0)

【トロン】リメイク?

エイガ.ドット.コム、1月18日更新のニュース&噂に、

伝説のSF映画「トロン」がリメイク

との記事が載っていた。

懐かしいです。
日本での劇場公開は1982年。
小学校に入学したぐらいの頃に、観に行った記憶あります。
たぶん、押し入れを探せばパンフレットもあるんじゃないかな…。

当時は「VFX」なんて用語もなく、「最新の特撮」なんて表現をしていたんじゃないでしょうか。

今観ると、さすがにあからさまに「合成」と分かる箇所もありますけれど、当時は、ホントにあんな世界があるんだと思ってましたからね。

子ども頃に格好いいと思ったのが「ライトサイクル(和訳は光電子バイク…)」。
光の軌跡(残像)を残しながら電子の世界を疾走する姿は、今でも魅入ってしまいます。

さて、その「トロン」がリメイクされる(らしい)とのことですが、どうでしょうね。
監督の候補にあがっているのが、チャック・ラッセル。
「コラテラル」の製作総指揮とか、「マスク」の監督した人。
「伝説の」映画をどうリメイクするのか、腕の見せどころ。

CGによる加工・合成が当たり前の昨今、それを売りにしても、なんか今更って言う気もしますし、物語にしても、実はSF版不思議の国のアリスな「トロン」をどう現代風にアレンジするのか、楽しみです。

反面、伝説は伝説のままにしておいた方が良いような気もしますけど…。



B00069BLGCトロン
ジェフ・ブリッジズ スティーブン・リズバーガー ブルース・ボックスレイトナー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-06-08

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】ネットラジオ『ももラジ』

私的一押しのピジョンズミルク

BBSに告知されていたインターネットラジオ番組、『ももいろRadio』(略してももラジ)が放送されました。

とにかく良かったデス。

歌っているときと違い、普段のしゃべりはとことん「ゆる〜い」ももさん。

番組も、ゆる〜く、まったりと流れていきました。
「ももワールド」を堪能させていたきました。

15分放送予定のところ、若干オーバーして約18分放送。

番組中流れた曲は、1stアルバム『キルト』から「世界の美しさを知るために…」・「ももいろの海」・「sleepyhead」の3曲。

読まれたメールは5通だったかな?
私もメールを送ろうと思ったんですけど、これが送ろうと思うと文面がなかなかで浮かんでこない。
すっかり頭の中フリーズ状態。
次回は送るぞ!たぶん…。

その他、いろいろライブ告知してました。

現在公式ホムペで告知されているのは…

2月1日/東京/表参道FAB
2月11日/東京/Shibuya O-Crest
2月13日/横浜/横浜市開港記念会館講堂
3月4日/大阪/Knave
3月18日/名古屋/TOKUZO

ですね。
この他にもライブ情報を告知してましたけど、順次BBSにアップするそうですので、そちらを参考のこと。

あとは、今日昨日(19日)の毎日新聞・夕刊にピジョンズミルクのことが掲載されたこととか、O-Crestのライブではピジョン初(サプライズ?)のことをするみたい。
是非きて欲しいって、ももさんが言ってましたしね。
う〜ん、2月11日のO-Crest、行きたいんだけど、無理っぽいよなぁ…。

という感じで、1回目の『ももラジ』が終了しました。

ネットラジオってホント助かります。
住んでいる場所を問いませんからね。
ただ、ひとつわがままを言えば、時間帯がもう少し遅ければいいなぁと思う。
ちょっと、20時っていうのは微妙…。

次回の放送は、来週なのかな?
今から楽しみ。

▼2005年1月20日追記
2回目の「ももラジ」は2005年1月25日(Tue)、21:00からの放送

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/19

【ピジョンズミルク】ライブ続々

私的一押しのピジョンズミルク

2月11日・東京/Shibuya O-Crest、3月4日・大阪/Knaveのライブは既報の通りですが、新たに、3月18日(Fri)に名古屋でのライブ開催が決定したとのこと。

名古屋のファミリーの皆さん、オメデトウ〜♪

各地でライブが行われることが喜ばしい反面、ライブの地域がだんだん南下していくことがちょっと残念。

…と思っていたら、地元青森でもライブが開催されるみたいですよ、それも2回!

1つは2月5日(Sat)。
青森市/マエダ西バイパス店イベントホールのライブ(※正式な発表ではなく、ファンの方の情報)。
ライブ告知の張り紙がされていたそうですので間違いないかな?

もうひとつは2月27日(Sun)、青森市/浅虫水族館でのミニライブ

水族館ですよ、水族館!!
ピジョンの雰囲気にピッタリじゃないですか。
もう、待っていた甲斐がありましたよ。

ここで

あと、これってまだNGかな…。
購入者に、先着「あるプレゼント」がついてきたんです。

と書きましたけど、「2月27日(Sun)、青森市/浅虫水族館でのミニライブ・入場引換券」のことだったんです。

ももさん、青森でライブやってくれてアリガトウ。
でも、なんかスケジュールがきついみたいなんで、体調気をつけて下さいね。

青森のファミリーの皆さん、盛り上がりましょ〜♪

2月に向けて、俄然やる気が出てきた。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】ホムペ・リニューアル

私的一押しのピジョンズミルク

1stアルバム「キルト」が発売されたのは既報の通り

その1stアルバム発売を受けてなのか、公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」がリニューアルしていました。

以前までは、「ホワイト」と「淡いピンク」で構成されたホムペ。

リニューアル後はベースカラーがチョコレート色(?)になり、シックな趣のホムペになりました。

加えて、以前までは工事中だった「リンク集」やその都度新規ウィンドウで開いていた、ももさんの日記「MOMO Voice」や「BBS」がフレーム内で表示されるようになってますね。
若干、以前のページをそのまま使っているのか、「淡いピンク」なページもありますけれど、その内作り直されるのかな?

いずれにしても管理人様、お疲れ様でした<(_ _)>


▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

【ピジョンズミルク】MUSIC UP STYLE出演

1stアルバム「キルト」発売オメデトウなピジョンズミルク

1月17日(Mon)、東京プリンの牧野隆志さんがパーソナリティーを務める、SKY PerfectTV! ラジオ「MUSIC UP STYLE」に出演していました。

出演は番組の中程から最後まで、おおよそ30分出演という豪華仕様。
内容はこんな感じ。

    • デビューから今に至るまでの経緯
    • 1stアルバム「キルト」について
    • どんな時に詞が浮かぶ?→徐々に笑いが…
    • 詞を作るための恋愛?→スタッフさん?の笑い声も聞えてきて…
    • 作曲の挑戦について→牧野さん、ややウケ…
    • 曲「ももいろの海」
    • レコーディングの仕方は変わった?
    • 企画(?)・バンド名だけでフューチャリングを考えみよう〜♪
    • 「ピジョンズミルク」という名前の由来
    • ライブはどんな感じ?
    • 今年の抱負→牧野さん、ややウケ…
    • 曲「北風」
    • いろいろお知らせ
    • ホムペ見ながら…→爆笑

ももワールド全開、面白すぎ。
やっぱ天然?
もちろん良い意味ですよ。

このところラジオ出演が多いピジョンのももさん。
彼女のトークってホント飽きない。
レギュラーのラジオ番組、持っていて良いようなものですけどね。
そう言う意味からも、明日の「ももラジ」期待大です。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】1stアルバム購入!!

ピジョンズミルクの1stアルバム「キルト」


ホントの発売日は明日19日だけれど、もしやと思って近くのCDショップにいくと…ありました〜!!

ショップにはピジョンズミルクのコーナーが作られていた。
さすが地元のショップ。

棚に整然と並べられた1stアルバムを見たとき、なんか感慨深かった。
しばらくそのコーナーの前で佇んでましたもん。
はたから見ると怪しいヤツに見えただろうなぁ…。

これからまったりとピジョンの世界に浸りたいと思います。

あと、これってまだNGかな…。
購入者に、先着で「あるプレゼント」がついてきたんです。
公式ホムペで正式に告知されていないことなんで、まだ書かないでおきますけどね。
これって、青森限定?
他の地域もあるのかな?
いずれにしても、この思いがけないプレゼントは、めちゃ嬉しいデス。
テンション上がっちゃいますよ。
2月の末が今から楽しみ〜♪(これぐらいは良いですよね)。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/



AMAZON〜。
ジャケット写真載せて。
←載った\(^O^)/
素敵だよ。↓

B0006FGVM0キルト
Pigeon’s Milk
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2005-01-19

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【TB野郎】マイ・テーマ曲ということで

TB野郎、新しいお題が出てましたね。
お題は「マイ・テーマ曲」。

音楽にはいろいろ助けられてますけど、う〜ん、テーマ曲ですか。
その時の精神状態によって違ってくるんですけどこんな感じかな…。


▼凹んだときのテーマ曲

    • 永井真理子
    • 8thアルバム「Washing」収録
    • 「揺れているのは」

B00005EJCOWASHING
永井真理子
ファンハウス 1991-06-26

by G-Tools

もう10年以上前の曲ですけど、凹んだときは口ずさむ曲。

喧嘩ばかりしていたけど それも懐かしい想い出
今の私だったなら さよならは愛の言葉

凹んだときはとことん底まで堕ちた方が、なんか復帰しやすいんです、私。
なので、とことん落ち込みたいときはこれを聴いてます。


▼気分を盛り上げたい時のテーマ曲


B00008CH8Bりんご
Pigeon’s Milk 工藤もも D.I.E. 洪栄龍
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2003-04-02

by G-Tools

ピジョンの歌い手ももさんの声は、すっごい切ない。
けど、力強いんですよねぇ。

愛する人のために 自分のために
いつかきっと 狂い咲け
粉々に散り行くまで咲け

という歌詞の「名前のない花」
不思議と勇気づけられるんです。


▼前向きになりたい時のテーマ曲

    • BARGAINS
    • ミニアルバム「ジンセイ 〜グッドタイムス バットタイムス〜」収録
    • 「ジンセイ」

B00005L953ジンセイ
BARGAINS 田島由紀子 三宅修一
ユニバーサル 2001-06-27

by G-Tools

ポジティブな応援歌。

ジンセイまだまだこれからさ 貧乏暇なしね
夢ひとつ愛とふたつで 豊かにみせましょう

とことん前向きになりたいときはこの曲です。

もっと、いろいろあるような気がするけど、いざ考えると出てこないなぁ。
取りあえず思い出したのはこんな感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

【ピジョンズミルク】ネットラジオ

いよいよ、1stアルバム「キルト」発売が明日に迫ったピジョンズミルク

アルバム発売を前に、嬉しい情報が発表。

▼インターネットラジオ「ももいろRadio」
ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」にてネットラジオ番組を放送するそうです。

ももさんのトークが聴ける〜\(^O^)/

BBSの告知を読むと、1回目の放送は1月19日に試験放送という形で行うみたい。

ホント、ネットで放送してもらうと助かる。
テレビとかラジオでの放送は、どうしても地域によっては視聴できないところが出てくるけれど、ネットであればどこでも聴けますもんね。
是非とも定期的に放送して下さい、お願い!!

▼ライブ出演
アルバム発売記念ライブを2月11日(Fri)東京・3月4日(Fri)大阪と控えているピジョンズミルク
この2つのライブももちろん楽しみだけど、その前にもひとつ、2月1日(Tue)表参道FABのライブ出演が決定したそうです。

2月11日のライブ、行きたかったんだけど、ちょっと無理っぽい…。
ももさんの歌声、そろそろ生で聴きたいなぁ。


その他諸々、詳細はピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」→http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【竹内結子】ランチの女王・第3話

結子さん関係ではいつもありがたい情報をいただいている(け)さんのBlogはじめ、結子さん関係のサイトは「不機嫌なジーン」ネタで盛り上がってますね。

結子さんは演じる「仁子」は、泣いたり笑ったりとだいぶコミカルな役どころみたい。
映像を見ることは出来ないけど、なんか楽しそうだなぁ。
ウチの地方で放送される(予定の)4月まで、待ち遠しい…。

でも、結子さんのコミカルぶりなら「ランチの女王」だって負けてないぞ(…たぶん)

▼第3話のお気に入り

八百屋「しおみ」に買い出しに出されたなつみ
トマト(伊東美咲)が純三郎を好きだと感づいて…
050118_yuko1
この表情キュート〜♪

純三郎(妻夫木聡)「俺がなつみさんを守っても良い…って言うか守るよ、俺が」
050118_yuko2
突然の告白に戸惑い…

エンディングで流れる次回予告兼オフショットから
050118_yuko3


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/01/17

【ハウルの動く城】消化不良…

ようやくというか、今更というか「ハウルの動く城」を観てきた。
ジブリの作品は劇場ではあまり観ない。
どちらかというとビデオとかDVD化されてから観る方。
今回もDVDになったら観ても良いかな、ぐらいにしか思ってなかった。
ところが、既に観た方の「イマイチ」「もうひとつ」という評判を聴いて、逆に観に行ってみようと気が湧いてきた(我ながら天の邪鬼だと思うが…)。

劇場に行くと、お子ちゃまがうじゃうじゃ…。
これみんな「ハウル」?とか思っていたら、「犬夜叉」「ハム太郎」に流れていったので一安心。
もうピークが過ぎているのか、「ハウル」目当てのお客さんは少なかった。

で、観終わった感想。
絵的には、あらためていうまでもなく「きれいだった」のひと言。
小気味良いぐらいに「城」も動いていたし、ジブリ作品には欠かせない(?)羽がパタパタ動く飛行船で出てきますしね。
要所要所、ほのぼのとしたシーンや笑えるシーンもあり、世間様の評判ほど悪くはないと思う。
観終えたあとのすがすがしさがない、ということは否定しませんが…。

反面、なんか消化不良。
後味が悪いっていうかすっきりしないっていうか。
今までの作品でもはっきりとした「結末」は描かれてはいなかったけれど、「ハウル〜」はその中でも一番結末がはっきりしてないような気がする。
監督が込めたメッセージってなんだろう。
何をしたいのか分からない現代の人へのメッセージなのか。
はたまた、戦争に対するアンチテーゼなのか
よくわからん…。

「ハウル〜」の観客動員数が1,000万人突破した、というニュースが先日流れましたけど、この中には「宮崎駿」とか「ジブリ」というネームバリューで観た人たちも含まれているわけですよね。
「興行的に成功する」ということと「良い作品」というのは必ずしも結びつかない、という代表例にならなきゃいいなと思う。

…穿った見方しかできない自分にも消化不良。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/01/16

【ピジョンズミルク】WHAT's IN?の記事

私的一押しのピジョンズミルク

1月14日に発売された「WHAT's IN?(ワッツイン)」(ソニー・マガジンズ)2005.2月号。
ピジョンのインタビュー記事が掲載されています。

内容は1stアルバム「キルト」に関することが中心。
歌い手の工藤ももさんが、1stアルバムに込めた想いを知ることが出来ます。

ももさんの「冬に聴きたい曲」セレクトナンバー3曲も載っています。
ご一読あれ。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

【竹内結子】ランチの女王・第2話

世の流れと逆行して、「ランチの女王」を楽しむ今日この頃…。
だって「不機嫌なジーン」、放送されないんだもん(T.T)

▼第2話のお気に入り

勝手に接客を始めてしまうが、徐々に認められ…
050115_yuko1

追い出されたはずのなつみが、勇二郎(江口洋介)らを出迎える…
050115_yuko2
なつみ「おかえりなさ〜い」

勇二郎「携帯電話の番号も相手の部屋も知らないの?それでプロポーズOKしたの?」
050115_yuko3
なつみ「自分が愛されてると思えたら、それでいいんです」

「ランチの女王」1巻目終了。

特典映像は主要キャストのインタビュー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

【Mac mini】アダプタ、デカイ…

買うつもり率、ただいま50%な「Mac mini」。
ちまちま情報を集めてます。

Mac miniの電源まわりはどうなのよ?って感じでこの前から気になってしょうがない。

Chaさんから教えてもらって、「大きなACアダプタ」ということは分かったものの、やっぱり気になる。

どっかに写真載ってないかなぁ…とブラブラしてたら、ありました、アダプタの写真。

▼「アメリカでがんばりましょう」さんのMacworld Expo SF 2005 観覧記 その1 - 会場、Mac mini 編へTB▼

「アメリカでがんばりましょう」さん、感謝感謝です。
こういう写真を待ってました。

しかし、やっぱデカイわ…。
「Cube」のアダプタもデカイと思ってましたけど、「mini」本体が小さいだけに、殊更アダプタの大きさもめだつなぁ。

本体のデザイン性もそうですけど、それに加えてケーブルを繋げた後とかアダプタの大きさとか、全部ひっくるめたデザイン性を、もうちょっと考えて欲しいかなぁなんて思ったりして。


| | コメント (2) | トラックバック (2)

【竹内結子】ランチの女王買っちゃった

先日の件で、私の生息地では 「不機嫌なジーン」が4月まで放送されないことが判明。
久々に、元気な・ちょっとコミカルな結子さんを見ることができそうだっただけに、非常に残念…(もちろん憂いを秘め、しっとりとした結子さんも素敵ですけどね)。

でも、4月まで結子さんの姿を見ることができないなんて、とてもじゃないけど我慢できません。
そこで…


B00007AJP3ランチの女王 DVD-BOX
竹内結子 妻夫木聡 伊東美咲 山下智久
ポニーキャニオン 2003-01-08

by G-Tools

↑を買っちゃいました。
ジーンと同じ山口雅俊プロデューサーですし、「ランチの女王」以降、しっとり系の役柄が多くなりましたからね。

じっくり楽しませていただきます。
これで4月まで我慢できるかな…。

▼第1話のお気に入り

050114_yuko1
「だって私、ランチタイム守るために頑張って嘘泣きしたんですもん♪」

050114_yuko2
「なつみ、麦田なつみ」

050114_yuko3
美味しそうにオムライスを食べる結子さん…


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】「着うた®」ダウンロード開始

私的一押しのピジョンズミルク

来週・1月19日(Wed)にリリースされる1stアルバム「キルト」
その「キルト」収録曲から

「ももいろの海」
「恋人」
「あなただけです」

以上3曲の「着うた®」が、ダウンロード出来るようになったそうです>※公式ホムペBBSに情報あり

早速ダウンロードしましたけれど、どれも良い雰囲気(サビの部分だけなのが残念ですけど)。

ピジョンの歌詞は、歌い手のももさんの体験が元になっていることが多いとか。

「あなただけです」を歌詞を聴くと、一度はそう思われてみたいなぁ…と思ったり。

「レコード会社直営♪」のPCサイトで「ピジョンズミルク」もしくは「pigeon's milk」で検索→検索した「着うた®」のダウンロードURLをケータイに送ることが出来ます(Safariでは動作しません…)。
パケット代を節約したい方はお試しを。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/



▼1月19日(Wed)リリース
ジャケットはキュートなももさん♪
公式ホムペに載ってますよ↓

B0006FGVM0キルト
Pigeon’s Milk
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2005-01-19

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

【Mac mini】弁当箱 or ランチボックス

続けて「Mac mini」ネタ(^_^;

「Mac mini」の愛称について、巷ではいろいろ盛り上がっているようです。

今のところ「弁当箱」という愛称が大勢を占めているようですけど、私は前にも書きましたけれど、かつて「LCII系」が「ピザボックス」と呼ばれていたことにちなみ、

ランチボックス

と呼びたい。

…まぁ、好きな呼び名で呼べば良いんですけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Mac mini】電源は?

先日の件で若干凹みぎみ。
気晴らしも兼ねての更新デス。

先日発表された「Mac mini」。
評判いいみたいデスね。
名機「Cube」使いの方々の評価は特に高いような気がする。

「Cube」より拡張性は低くなってますけど、鯖用に考えれば、そこそこ利用できるスペックですしね。
まぁ、Ethernetが10/100BASE-T というのがネックと言えばネックですけど…。

ふと思ったんですけど、「Mac mini」の電源って内蔵なの?
あのサイズで内蔵ってことは無いような気がするんだけど。
もしかして、「Cube」のようなドでかいACアダプターなのかな。

買っても良いかなぁ、と思うんですけど…もう少し様子見ですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/12

【不機嫌なジーン】立ち直れん…

1月17日より、待望の竹内結子さん主演「不機嫌なジーン」の放送開始です。

フジテレビ系列のあるところではね…。

私の生息地「青森」。
フジテレビ系列がないという情報過疎地。
なので、リアルタイムでフジ系の番組なんてみたことないです。

それでも、この頃は(1週遅れですけど)「プライド」や「ラストクリスマス」等「月9ドラマ」を放送していたので、今回も大丈夫だろう高を括っていました。

でも、待てど暮らせど、「不機嫌なジーン」というタイトルを目にすることがありません。

先日業を煮やして、地元放送局へ確認のメールを送信。
つい先程、その返事が届きました。

Subject: 新ドラマの放送予定について
○△様
いつも青森テレビをご覧いただきましてありがとうございます。
「不機嫌なジーン」は4月以降
月〜木 14:55〜のドラマストリートの時間で放送予定となっております。
具体的な日時は未定ですが決まり次第HPの番組宣伝のページでもご案内する予定です。
これからも青森テレビをよろしくお願いします。

ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン
マジで立ち直れん…。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

【出来事】10,000HIT

今朝カウンターを見たら、10,000を越えていた。
2004年8月13日から始めたんで、今日で丁度5ヵ月。

訪ねてくれた方・読んでくれた方、感謝感謝(*^_^*)です。

嬉しい反面、こんなしょーもない文章を読んでもらって、申し訳ないなぁというところもある。

加えて、ブログを始めて気付いたこと>絶対的な文章力のなさ…

ここは基本的に「自分のための備忘録」としてやってますので、どんなテキトーな文章でもかまわないと言えばそうなんですけど。
やっぱり、「誰かが見ている」となると意識しちゃいませんか?←私だけ?

それに、例え「10,000HIT」したとしても、「ブログ」はもともと「検索にHITしやすい」・「整理された情報のかたまり」みたいなものですからね。
ここにそんな有用な情報があるわけでないし←だったら公開しなきゃいいじゃん


……
………我ながらネガティブだよなぁ。
素直に「10,000HITイッタァーーーーーーッ!!」って喜べば良いのにね。

まぁ、いろいろ思うところはありますけれど、やっぱりカウンターが増えると励みになっているのは事実だし、これからもちまちまと続けていきたいと思いますんで、宜しくお願いします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ピジョンズミルク】前売りそろそろ発売

私的一押しのピジョンズミルク

いよいよ来週・1月19日(Wed)、1stアルバム「キルト」リリース!!

その発売記念ライブが、2月11日(Fri)東京・Shibuya O-Crest、3月4日(Fri)大阪・knaveで行われる。
まだ先だよなぁ〜とのんきに構えていたら、1月15日(Sat)から前売りチケット発売開始だって。

大阪はどう頑張っても無理。
東京は…2月かぁ…。
距離的には全然OKだけど、2月11日の頃って休みとれないだろうなぁ…。
行けるかどうかわからんけど、チケットは買っておこう。

その他1月15日(Sat)、東京・汐留で行われるイベントライブの詳細も決定したみたい。

詳しい内容は公式ホムペのBBSに書かれています。

▼>ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Mac mini】ランチボックス?

既報の通り、新しいMacが発表されました。
その名もランチボックス!
…もとい、「Mac mini」

高さ5㎝/幅・奥行き16.5㎝というまさにランチボックスサイズ
極端な話、「PowerBook」よりも、「Mac mini」の方が持ち歩きやすいような気さえします。
「Mac mini」用のバックを作るメーカーがでますよ、きっと。

スペック的には、

▼プロセッサ
G4 1.25GHzもしくは1.42Ghz
2次キャッシュ512MB
▼システムバス
167MHZ
▼メモリ
標準256MB
PC2700 DDR SDRAM
1GBまで拡張
▼グラフィックス
ATI RADEON 9200/32MB/AGP 4X
DVIで1920×1200pxまで表示
VGAで1920×1080pxまで表示
▼ハードディスク
40GBもしくは80GB Ultra ATA
▼光学式ドライブ
コンボもしくはSuperDrive

という感じ。
2003年11月18日に発表されたiMacG4(20-inch)と同じくらいでしょうか。

よくもまぁこのサイズに収めたものです。
このサイズですと、机の上に置いてもに邪魔にならないでしょうし、アップルらしいデザインの優れたものですので、インテリア性も良いですしね。

価格も財布に優しい税込み58,590円(1.25GHz)。
偉いぞ、アップル。
思わずApple Storeでクリックしそうになるじゃないですか。

反面、気になる点もチラホラと。

価格を抑えるためには仕方がないんでしょうけど、「RADEON 9200」というのはいかがなものでしょ。
「枯れた」といっては失礼ですけれど、だいぶ年季が入ってますからねぇ>「RADEON 9200」
次期OS「Tiger」に搭載される予定の高精度イメージ処理機能「Core Image」がありますけど、完全には対応してないですしね。
まぁ、Pantherで使う分には問題ないんですけど…。

あと、税込58,590円・70,140円と財布に優しい価格になりましたけれど、ホントに「本体」だけ、ですからねぇ…
WinからSwitchする人だったら、そのまま周辺機器を利用できるでしょうけど、初めてPCを購入する人にはむしろ割高じゃないでしょうか。

全てアップル純正で揃えるとすると…

▼本体(1.25GHz)>58,590円
▼キーボード&マウスキット>7,140円
▼20-inch Cinema Display>115,290円

締めて181,020円也。

iMac G5(1.6GHz)の価格が152,040円ですからねぇ。
それより高くなっちゃう。

そう考えると、「Mac mini」の購入対象は「WinからSwitch組の人」ということになるんでしょうか…。


気になる点もあるものの、さすがアップル。
やってくれました、って感じです。

かつて「ピザボックス」という愛称で呼ばれていたMac「LCII系」がありましたけれど、「Mac mini」にはどんな愛称がつくんでしょうか。
そちらも楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/11

【映画】2005年に観たいもの

今年観たいなぁと思う映画は、今のところこんなもんかなぁ…。

お父さんのバックドロップ
△上映中
中嶋らも(著)の名作を映画化
宇梶剛士主演
スーパー子役・神木隆之介も出演
△宇梶さんの演技が好きなんです

恋文日和
△上映中?
ジョージ朝倉原作のコミック「恋文日和」
中でも人気の高い「あなたのしらないキミへ」「雪に咲く花」「イカルスの恋人たち」に加え、オリジナルストーリー「便せん日和」を加えた4話のオムニバス
村川絵梨弓削智久小松彩夏田中圭玉山鉄二塚本高史當山奈央ら出演
△DVDで発売したら観ようと思ってたんですけど、近くのシネコンで上映するみたいなんで。
△アミューズのタレントだらけ…

オーシャンズ12
△2005.1.22
豪華(すぎ)なメンバーが再び集合
テンポ良い犯罪サスペンス
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、その他諸々出演
△前作のスタイリッシュな雰囲気が好きだったんですけど、本作は?

ボーン・スプレマシー
△2005.2.11
記憶をなくした元CIA特殊工作員にまた不運が…
マット・デイモン主演
△前作でキレの良いアクションを見せたマッド・デイモンが再び挑戦
△若手アクション俳優不在のハリウッドにとっては救世主?

ナショナル・トレジャー
△2005.3.19
ブラッカマイヤーとニコラス・ケイジによるアドベンチャー
△久々にテンションの高いニコラス・ケイジを観ることが出来るか

シャーク・テイル
△2005・春
ドリーム・ワークスのCGアニメ
ウィル・スミスら豪華ハリウッドスターが声を担当
△SMAP香取慎吾が日本語吹き替え版を担当、どんな感じか見物

ローレライ
△2005.3.5
「亡国のイージス」で絶賛の福井晴敏原作
役所広司妻夫木聡ら出演
△予告編は良い感じ
△「潜水艦もの」はハズレがないと言うけど、これも大丈夫?

▼Shall We Dance?
△2005.GW予定
ハリウッドリメイク版
リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス主演
△日本語版と全く同じく作ったらしいですけど、別物として観た方が無難かな

交渉人「真下正義」
△2005.5.7
ユースケ・サンタマリア初主演、「踊る」レジェンド第一弾
△青島抜きで「踊る」たるか注目
△個人的には水野「雪乃さん」美紀が出演すればそれで良し

▼四日間の奇跡
△2005.初夏
吉岡秀隆主演
障害を持った少女と、弾くことの出来なくなったピアニストの物語
△原作は、泣きはしなかったけれど良作だと思う
△分類上は「ミステリー」、けれど実際は「ファンタジー」的な作品

戦国自衛隊1549
△2005.6.11
1979年の「戦国自衛隊」をモチーフにした完全新作
オリジナルストーリーを福井晴敏が執筆
江口洋介、鈴木京香ら出演
△またしても福井晴敏がらみ
△79年版「戦国〜」は真田さんがメチャクチャ格好良かった
△自衛隊全面協力でリアルさが増すか

バットマン ビギンズ
△2005.夏
バットマン最初の闘いを描く
バットマン(ブルース・ウェイン)をクリスチャン・ベイルが、敵役を助演男優賞ノミネート俳優・渡辺謙が演じる
△クリスチャン・ベイルがバットマンだってさ。イメージ湧かないなぁ…
△脇を固める俳優陣がマイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンと豪華すぎて、主役がますます霞む?

▼宇宙戦争
△2005.夏?
H.G.ウェルズのSF古典「宇宙戦争」をスピルバーグが再映画化
△劇場で観た予告編は良い感じ
△まだ情報が少ないけれど、まずはずれないでしょう>興行的には…

▼スターウォーズ Episode3 シスの復讐
△2005.7.9
いよいよ完結
△予告編にチューバッカが出ている!

星になった少年
△2005.7
柳楽優弥主演、実話を元にした映画
柳楽優弥の成長ぶりを拝見しましょう

容疑者「室井慎次」
△2005.8.27
柳葉敏郎主演、「踊る」レジェンド第二弾
△詳しい内容は明らかになっていないけれど、一応おさえで…

とりあえずこんな感じ。
ひと頃に比べて、観たいと思う邦画が増えてきた。
ちょっと嬉しいかも。



▼関連商品

四日間の奇蹟
浅倉 卓弥

by G-Tools
宇宙戦争
H・G・ウェルズ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/10

【雲のむこう、約束の場所】感じる映画

行くか行くまいか迷いましたけれど、結局観に行きました>「雲のむこう、約束の場所」

8日の最終回上映後、監督・脚本その他諸々な「新海誠」氏と音楽担当の「天門」氏が、舞台挨拶を行うと事前に告知されていた。
本当はその時間帯の上映を観たかったものの、余計な仕事のため諸事情により諦める。

ほとんどのお客さんが舞台挨拶の時間帯狙いだったんでしょうね。
私の観た時間帯、劇場内にいたのは3名(^_^;
ある意味贅沢な空間。

内容云々については、既にいろんなところでレポしているでしょうし、説明できるだけの文章力も持ってませんので。
感想なんぞダラダラと。

▼「光」
前作「ほしのこえ」もそうだったけど、本作「雲のむこう〜」でも風景にこだわっているなぁと感じる。
特に「光」

雲の隙間から覗く光
廃屋の屋根から零れる光
夏の厳しい光
夕暮れ柔らかい光
教室に注ぐ光
水面に反射する光
夜の車窓に流れる光
etc…

物語そっちのけでボーッと魅入ってしまう。
光の画家と言われた「モネ」と比較するのは大げさでしょうけど、光の表情とか空気感の見せ方は傑出している。
反面、人物のデッサンは……な所もありますけどね(「ほしのこえ」よりは良くなってますけど)。

▼青森
(架空の世界ではあるけれど)舞台は「青森」。
なんとなく見覚えのある風景とか地名とか劇中に出てくる。
地元の人間としてはほくそ笑む場面がチラホラと。
「津軽弁話してねぇじゃん」という細かいつっこみは、この際却下。

▼吉岡秀隆
主人公「藤沢ヒロキ」の声をあてたのはDr.コトー……もとい、吉岡秀隆
あの朴訥な語り口は、「北の国から」の「純」役しかり、「せつない感」とか「どうにもならないもどかしさ感」を表現するにはうってつけ。
冒頭のモノローグでグッと引き込まれてしまった。

▼感じる映画
「ほしのこえ」もそうだったけれど、「雲のむこう〜」にも「いかにも」といった設定がチラホラとでてくる。
「多元宇宙」とか「並行世界とのアクセス」とか「超伝導ナントカ」とかね。
これらも、もちろん魅力の一つとして否定できないでしょうけど、作品を構成するオプションにしかすぎないんじゃないでしょうか。
新海氏作品は「理解する」のではなく感じる映画なんだと私は思う。

どこで読んだか定かでないんですけど、新海氏の作品を「映像で表現した詩」と批評していた方がいたような覚えがある。
言い得て妙。
劇中に流れる風景にしろ、キャラが語る一つ一つの台詞にしろ、観た人がそれを見てどう感じ・どう情念を抱くのかっていうのが、新海氏作品の良さなんじゃないかと思うんですけどね(って何を言いたいのか伝わるかなぁ…)。

▼ヴェラシーラ
気に入ったのが、劇中に登場する小型飛行機「ヴェラシーラ」。
私的にデザインが秀逸だと思うんですけど。
これ、誰か模型で造らないかなぁ…。

▼ガンバレ、1970年前半生まれ
直接映画とは関係ないデス…。

パンフをみて気付いたんですけど、新海氏はじめ、本作に関わった作画監督の田澤潮氏・美術の丹治匠氏・音楽の天門氏ら、ともに「1970年前半生まれ」の方達。

ちょうど私もこの年代。
その同じ年代の人たちが「少人数でアニメを造ることは無理」と言われている業界に殴り込みをかけているようで、なんか気持ちいい。
こういう「心意気」って、この頃ちょっと忘れがちなんで、見習いたいなぁ。

▼心は温かく、財布は寒く…
映画は十分堪能〜♪。
けど財布は寒く…。

チケット代1,700円
パンフ500円
「ほしのこえ」DVD6,090円
「みんなのうた『笑顔』」DVDシングル1,575円

締めて9865円也…。
衝動買いもほどほどに。



▼2月17日(Mon)発売↓

B000793FBK雲のむこう、約束の場所
新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香
ビデオメーカー 2005-02-17

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/01/09

【出来事】雪片付け…

ほぼ一日、雪片付けに追われました…。
ホント降りすぎだって。
雪を片付けていて、ふと後ろを見るともう雪が積もっていますから。

大きな道路とかそれなりに交通量のある道路であれば、日中そこそこ雪が溶けるんですけど、ちょっと住宅街とか小路に入るともう大変…。
普段余裕で車がすれ違うことの出来る道でも、今は一台通るのが精一杯。

流雪溝があるものの、一斉に雪片付けに入るもんだから流雪溝も処理しきれずつまってしまい、せき止められた水があふれて浸水、消防車出動…、という風景もチラホラと。

いろいろ投稿したい事はあるんですけどね、もう今日はダメ、疲れた。
明日、筋肉痛確定だな、こりゃ…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/08

【ピジョンズミルク】爆笑のTBSラジオ「B-JUNK」

私的一押しのピジョンズミルク
昨日1月7日(Fri)27:00〜1月8日(Sat)午前3時からのTBSラジオ「B-JUNK」にゲスト出演。

タイマー録音の設定をしておいたものの、やはりこういうものは生で聴かなくては!!と思い、午前3時近くまで頑張りましたが、気が付いたら朝の6時…。
努力虚しく、見事深い眠りに堕ちてしまいました。

で、今さっき、録音していたMDを聴き終えましたけど、笑いました。
横っ腹が痛い…。

パーソナリティーの矢村貴子さん曰く…

痛いの平気なももさん。不思議ちゃんでしたね♪
自転車はフジコ姉さん、飼っているうさぎちゃんはしゅんすけ…
毎日が楽しそうですね。
*コメントは「B-JUNK」Fridayより引用

同じくパーソナリティーの小野綾子さん曰く…

今日のゲストPigeon’s Milkのももさん、面白かったです。
この一言に尽きます!歌う感じとはまた一味違う
インパクトがあって、しゃべり過ぎました〜。
*コメントは「B-JUNK」Fridayより引用

という感じで、ピジョンの歌い手「工藤もも」さんの天然っぷりが、見事に発揮されていました。
あらためてですけど、歌っている時とは雰囲気違いますねぇ、ももさんって。
20分弱の出演でしたけど、終盤、面白すぎて(ツボに入って)矢村さんの進行が止まってましたし…。
ホント、今度はもっと長い時間で聴いてみたいものです。

ももさんのトークはもちろん楽しんで聴かせてもらいましたけれど、もっと嬉しかったのは1stアルバム「キルト」収録曲、「ももいろの海」がフルコーラスで聴けたこと。

TBS系テレビ「ジャスト」の1月度エンディングテーマになったり、地元FM局エフエム青森でも結構流れているけど、フルコーラスで聴ける機会って意外にない。
徳間ジャパンコミュニケーションズで試聴も出来るけれど、これもサビの部分だけだしね。

フルコーラスで聴いてみた印象は、今までのピジョンズミルクの曲調(雰囲気)とはちょっと違うかな?という感じ(もちろん良い意味で)。
この「ももいろの海」は、ももさんが初めて作曲に挑戦したものなんだそうです。
ただ、ももさん自身は楽器があまり得意でないと。
で、鼻歌みたいな感じだったものをアレンジャーの方が完成型にした、ということらしい。
こうやって、新たに様々な人が関わっていって、ピジョンズミルクの表現の幅が広がっていくんでしょうね。
これから益々楽しみ。

ピジョンズミルクの1stアルバム「キルト」は1月19日(Wed)にリリース。
興味のある方は聴いてみて。

▼ピジョンズミルク公式ホムペ「Pigeon's Milky Way」http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【出来事】映画に行きたいけど…

新海誠監督の雲のむこう、約束の場所

地元(青森)が舞台になっているとのこと、ほしのこえの新海誠監督の作品ということで気にはなっていたものの、まさかこっちのような地方で上映されると思ってなかったんですけど、今日から劇場で公開されるんです。

で今日は見に行こうと予定を立てていました。
上映される劇場は、車で45分ぐらいのところ。
雪がなければね…。

冬になり雪が積もると、ノロノロノロノロノロノロノロ……としか車が進まないため、どうしても1時間以上かかってしまう。
しかも、今テレビには「気象速報、大雪警報が発令されました」とテロップが(´・ω・`)

2週間ぐらいは上映されるみたいだけど、日程を見ると今日しか行けそうにない。
なんとかして行きたいけれど、雪がなぁ…。

■新海誠ホムペ「other voices -遠い声-」→http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/
■「雲のむこう、約束の場所」ホムペ→http://www.kumonomukou.com/top.html
■「ほしのこえ」→http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/stars/index.html


| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/01/07

【ピジョンズミルク】試聴開始〜♪

一押しのピジョンズミルク
1月19日(wed)に、待ちに待った1stアルバム「キルト」がリリース、加えてTBS系テレビ「ジャスト」の1月度エンディングテーマに決定する等、私的には一人でお祭り状態。

そのアルバム「キルト」に収録されている楽曲中3曲(「ももいろの海」「Reborn」「北風」)が、徳間ジャパンコミュニケーションズで試聴できます。
聴いたことのない人は、是非聴いてみて。
何かしら感じることができると思うので。

あと明日、1月7日の27:00〜(1月8日の午前3時?)、TBSラジオ「B-JUNK」にピジョンズミルクがゲスト出演するみたい(←公式ホムペのBBS参照)。

こちらも楽しみ〜♪

ピジョンズミルクの情報は公式ホムペで→http://www.pigeonsmilk.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/06

【竹内結子】ミスった…

昨日、Mattherw's Best Hit TVをボーッと見ていたら、竹内結子さんが…。

050106_01

↑これ、前に放送されたときも録画し忘れてたんですよ。
で、今回放送されると思ってなかったんで、全く録画の準備してなかった。
あわてて、(HDDレコーダーの)電源を入れて録画のスイッチを押したけれど、後の祭り。
録画できたのはほんの数十秒…。
ネコミミ竹内結子さんのお姿を拝見できる機会なんて、あとないだろうなぁ…。

HDDをあさったら、いまあいTV特番がでてきた。

050106_02

この笑顔で我慢しよ…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/05

【W21S】着うたフル™非対応だけど…

今使っているケータイは、ソニエリ「W21S」。
予約をして手に入れるまで、2ヵ月かかったという曰くある端末。
「W21S」は、奇抜なデザインでもない、目新しい機能があるわけでもない無難なケータイではあるけれど、そこそこ満足していた。

ところが10月に手に入れてからまもなく、auの冬モデルが発表された。
端末自体にはさほど興味が湧かなかった。
気になったのは「着うたフル™」。
ケータイでもそこそこの音質で音楽を聴けるようになった今、近いうちにできるだろうとは思っていたものの、まさかこんなに早く世に出るとは思っていませんでした。
それでも、「W21S」はWIN端末だし、もちろん「着うたフル™」に対応しているだろうと高を括っていたんです。
ところが、非対応…。

でも理屈的には、QuickTimeで「3g2」にエンコードすれば、音楽再生だけなら「W21S」でも出来るような気がしていたんで、早速実験。

1.iTunesに入れている(AACでエンコード済の)曲をデスクトップにコピー。

050105_01

2.QuickTimePlayer→ファイル→ムービーを新しいPlayerで開く。

050105_02

3.ファイル→書き出し→ムービーから3G→オプション。

050105_03

4.3G書き出し設定を、ファイルフォーマット→3GPP2(EZムービー)
オーディオの設定を、オーディオ→AAC-LC(ミュージック)
データレート→48kbps
チャンネル→ステレオ
出力のサンプルレート→推奨
エンコードの品質→高品質
詳細の設定の、「配信を制限する」のチェックをはずす

050105_04

5.オプションの設定を終えて、ファイルを書き出す。

050105_05

6.3g2ファイルが完成。
5分の曲を3g2で書き出すとおおよそ1.7MBになる。

050105_06

7.あとはメモリースティックDuoProにコピー→「W21S」で再生。

という感じ。
メモリースティック上でも再生できますし、本体にコピー(もしくは移動)すればサウンドオートプレイでの再生もできました。
イヤホンで聴けば、結構な音質で聴くことができます。
結果、一応ミュージックプレイヤーっぽくすることが可能でした。

難点を言えば、手間かかりすぎ…。

サウンドオートプレイを利用するためには本体へコピー(もしくは移動)しなければならないけれど、なにしろ本体のメモリが20MBしかない。
なのでせいぜい15曲弱ぐらいしか収めることが出来ない。

本家「着うたフル™」では早送り・巻き戻しもできる(らしい)。
「W21S」ではそんな芸当はできない…。

メモリースティックDuoProが高い…。

などなどデメリットの方が多いかも。

やっぱり機種変更しようかな…。

ソニエリ様。
次は「着うたフル™」対応でお願いします。



▼もう少し安くなればなぁ…↓

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/01/04

【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】見応えあり

原作を読んだことはないし、映画をリアルタイムで観たこともない。
それほどハリポタへの思い入れはないけれど、DVDはなぜか2作とも買っている。
3作目も一応揃えておこうと思い12月17日に買ったものの、ほぼ2週間寝かせていた「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」。
先日ようやく観ました。

で、観た結果。
正直前2作、「賢者の石」「秘密の部屋」は、世間の評判ほど面白いとは思えなかったんです。
でも「アズカバンの囚人」は素直に楽しめました。

主演3人が成長した影響かなぁ…。
「身体的」に大きくなったということもありますけれど、「役者としても」確実に成長してますもんね。
あと展開ですね。
前2作と比べて、ちょっと音楽も暗めで、ホラー系が入っているのも良かったのかも。

これから主演3人の中で、恋愛要素も絡んでくる予感…。
ロンはハーマイオニーを女性として意識している。
ハーマイオニーはあからさまにハリーに対して好意を抱いている。
でもハリーはそれに気付いていない(鈍すぎ…)。
どうなるのか、この三角関係。

気になっていたのはリチャード・ハリスが亡くなって、ダンブルドアを誰が演じるのかということ。
マイケル・ガンボンでした。
雰囲気が変わっていなくて一安心。
リチャード・ハリスよりは若いですから、大丈夫ですよね…。

嬉しかったのは、ゲイリー・オールドマン。
またイッテシマッタ役かと思いきや、良い役じゃないですか。
原作ではどうなんでしょ。
なんか映画の中の言い回しだと、また出てきそうな感じですが…。

残念だったのがドラコ・マルフォイ。
すっかり「スネ夫状態」のへたれな坊ちゃん。
前作までそこそこ格好良かったのにね。

そういえば、初めに「ポーラー・エクスプレス」の宣伝が流れるじゃないですか。
あれって、ありですか?
違うDVDかと思いましたよ。
同じワーナー系の映画ですから問題はないんでしょうけど、できれば冒頭に違う映画の予告を入れるのは勘弁してほしいです…。
「ジブリ系」のDVDのように、メニュー内にあるのは一向に構わないと思うんですけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/03

【出来事】明日から仕事かぁ…

えーと…、明日から仕事です。
この休み中やったことと言えば、映画館に行く、たまったDVDを観る、たまった本を読む、パソコンのメンテ。
完全「引き籠もりモード」…。
不摂生な生活してきたので、明日から仕事っていうのはちょっとしんどい。
まぁ、4・5日と2日出勤すれば、また5連休だし。
なんとか頑張ります。

あれっ?
今年は頑張らないって決めたんだっけ…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/02

【ターミナル】ディエゴ・ルナが出ていた…

まさか元日に映画館に行くヤツはいないだろうと高を括って行ったら、結構いました。
いるもんですね、私みたいな「暇人」…時間的に余裕のある人が。

観てきたのは「ターミナル」

スピルバーグとトム・ハンクス、加えてジョン・ウィリアムス。
この組み合わせで失敗しろと言うのが、土台無理な話。
ただ、「安心して」観ることのできると思う反面、安心すぎて面白みがないかな…と若干の不安も正直ありましたけどね。

そんなこんなで観てみました。
ストーリーは「ありえねー」と思う点がチラホラあったものの、さわやかに感動。

トム・ハンクスはあいかわず「自然な演技」。
独特の間の取り方とか体捌きとか視線の動きとか、「あぁトム・ハンクスだぁ…」と思わせる演技。
ともすれば大げさに見えるんですけどね。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、印象変わった。
今まで「クール系」と思ってたし、そんな役が多かったじゃないですか。
「ゾロ」とか「エントラップメント」とか「シカゴ」とかね。
ああいうキュートな役柄も似合いますね。

ちょっとネタバレになりますけど
トム・ハンクス演じる「ビクター」とキャサリン・ゼタ=ジョーンズ演じる「アメリア」って、最後に結ばれないんですけど、きっと日本映画だと「結ばれてハッピーエンド」になるんでしょうね。
そのあたり、感覚の違いを感じたり…。

意外だったのが、ディエゴ・ルナ(赤いツナギと着ていた人)。
個人的に好きな映画の「天国の口、終りの楽園。」っていうロードムービー。
これの主演だったんです。
どこかで見たような気がするなぁと思いつつ、劇場を出てから思い出した…。
全く出演しているとは思っていなかったんで、嬉しかったですね、久々で。

いろいろ予告が流れていますけど、ビクターはなぜ「待ち続けたのか?」
その理由に「ジャズ」が絡んでいるとは思いも寄らなかったんで、これもまた良かった。
ジャズ「ファン」まではまだまだ遠く及ばない、素人同然ですが聴くのは好き。
なんか良いんです。
そんな私でも知っている大御所サックスプレイヤー、ベニー・ゴルソン本人が最後に出演しているんですから、もうジャズ好きにはたまらんでしょ、あれは。
劇中でもほどよくジャズが流れますからね。

観る前の不安はどこにやら…。
映画のために空港を作ってしまうというハリウッドらしい逸話もありつつも、良い作品だと思います。
新年早々、映画を堪能〜♪



▼ジョン・ウィリアムスらしい楽曲ばかり↓

B000666U48映画「ターミナル」オリジナル・サウンドトラック
ジョン・ウィリアムズ サントラ
ユニバーサルクラシック 2004-11-26

by G-Tools

▼ベニー・ゴルソン〜♪↓

B0006GB070ターミナル
ベニー・ゴルソン エディ・ヘンダーソン マイク・ルドーン バスター・ウィリアムス
ビクターエンタテインメント 2004-12-16

by G-Tools

▼ディエゴ・ルナ主演のロードムービー↓

B00008AOY1天国の口、終りの楽園。
ガエル・ガルシア・ベルナル マリベル・ベルドゥ アルフォンソ・クアロン
ナド・エンタテイメント 2003-03-28

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/01

【COUNTDOWN TV】aikoのNEW YEARメッセージ!

あけましておめでとうございます。

昨夜、TBS系で放送された「COUNTDOWN TV スペシャル年越しプレミアライブ2004~2005!!」。
そのトップバッターとして出演したaikoさんから、new yearメッセージがありましたよ。

事前にfm osakaのaiko's homepage、「from aiko」に

1回こっきりのあいこからのメッセージをCMでお届けしますぜ☆

と書かれていたんで、楽しみにしてたんですけどね。

aiko_01「ハッピーニューイヤー トゥー ユー〜!!」とノリノリでライブ終了…

aiko_02引き続きCM開始…

aiko_03空を見たのは〜♪

aiko_04別に初めてなわけじゃないのに〜♪

aiko_05突き抜けるほど 晴れた日〜♪

aikoさん、めちゃキュート!!
なんか新年早々お年玉もらった気分。

「I wish you a very happy new year.」
よいお年をおむかえ下さい、という感じですか。
aikoさんも良いお年を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »